新木場駅 武蔵野線電車 停止位置を変更、20m東京寄りに

2020.01.17

JR京葉線、東京メトロ有楽町線、東京臨海高速鉄道りんかい線が接する新木場駅。

武蔵野線の電車も乗り入れる新木場駅JR京葉線ホームで、武蔵野線電車の停止位置を変更。東京寄りに20mほど移った。

新木場駅は、改札階へと続くホーム階段を東京寄りに新設中。最も東京寄りの階段は暫定的に供用を開始した。

武蔵野線電車 停止位置変更も、こうした更新にあわせたものか。

JRを東日本は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催にむけ、会場周辺の駅や、ベイエリア競技会場・空港アクセス路線への主要乗換え駅で、改札口やコンコースの拡張、バリアフリー設備の拡充等の駅改良をすすめている。

千駄ケ谷駅・信濃町駅・原宿駅・有楽町駅・新木場駅・新橋駅・浜松町駅などで工事がすすんでいる。

<関連記事>
千駄ヶ谷駅
https://tetsudo-ch.com/?s=%E5%8D%83%E9%A7%84%E3%83%B6%E8%B0%B7
御茶ノ水駅
https://tetsudo-ch.com/?s=%E5%BE%A1%E8%8C%B6%E3%83%8E%E6%B0%B4
飯田橋駅
https://tetsudo-ch.com/?s=%E9%A3%AF%E7%94%B0%E6%A9%8B%E9%A7%85
原宿駅
https://tetsudo-ch.com/?s=%E5%8E%9F%E5%AE%BF%E9%A7%85

写真 文:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです