JR東海、在来線通勤型電車「315系」を新製 中央本線・東海道本線・関西本線等に順次投入

2020.01.22

新型「315系」イメージ

JR東海は22日、新形式の在来線通勤型電車「315系」を新製すると発表しました。

導入の経緯

JR東海の保有する211系、213系、311系が近々更新期を迎えることから、最新技術を導入して安全性・安定性を向上させた新型「315系」を新製し、順次置き換えていきます。これをもってJR東海から国鉄時代の車両がなくなります。

エクステリアデザイン

エクステリアデザインイメージ

エクステリアは「先進性×親近感」を表現したデザインに。コーポレートカラーのオレンジを配色し、顔は直線を使用した幾何学的なフォルムに。また横長に連続した前面表示窓を設けています。

車両性能

211系との比較 座席はロングシート

315系の最高速度は時速130km。JR東海の在来線車両としては初めて非常走行用蓄電装置を搭載しており、停電時などに最寄り駅まで走行可能です。

ATS-PTや電力変換装置など、主要機器の2重系化等を実施することで信頼性を向上させています。車両と地上との間のデータ通信装置、台車等の振動状態を常時監視する振動検知装置も導入し、メンテナンス性を向上させています(台車構造は次期特急車両HC85系と同じものになります)。

環境負荷を低減するため、モーターを駆動する電力変換装置にSiC素子を導入するなどの省エネルギー化を図り、室内灯及び前照灯にはLEDを採用。消費電力量は211系と比べて約35%低減。

車内防犯カメラは1両につき5台。フルカラー液晶ディスプレイには階段の位置などの駅設備や運行情報を表示。全車両に車いすスペース、全編成に車いす対応トイレを設置するなどバリアフリー設備も充実しています。

投入計画

2021年度から2025年度にかけて計352両を新製し、名古屋・静岡都市圏を中心に中央本線、東海道本線、関西本線などに順次投入します。設備投資額は約720億円となる見込みです(車両製作費、付帯工事費を含む)。

鉄道チャンネル編集部
画像:JR東海


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです