仙台駅東口に9階建て物流センタービルを建設、2021年秋 供用開始

2020.04.24

JR東日本仙台支社は、仙台駅東口(仙台市宮城野区名掛丁200)に地上9階建て物流センタービル「仙台駅東口物流センター」を建設する。

仙台駅北部高架下や東口に分散していた荷捌き施設や倉庫、グループ会社事務所などを、この「仙台駅東口物流センター」に移転・集約。駅構内の物流や店舗従業員の職場環境を改善させる。

構造は鉄骨造・地上9階建て・高さ34m。延床面積は4200平米。荷捌き施設や倉庫、事務所、駅構内店舗従業員むけ更衣室・休養室・シャワー室などが入る。

ことし夏に既存建物撤去工事に着手、秋に本体工事着手。2021年秋の使用開始をめざす。

東西に分散していた荷捌き駐車場を「仙台駅東口物流センター」に集約することで、搬入車両が駅前広場歩道を横断していた西口の荷捌き駐車場が解消され、より安全性が高まる。

また、東口物流センターから駅構内店舗までの配送会社を2社程度に集約し、効率的な物流オペレーションを推進させる。

同社は今後、約1600平米の新たな活用スペースが出現する既存の仙台駅北部高架下について、このスペースを活用した新たなにぎわいづくりを検討していく。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです