千葉に行った只見線キハ40の つらら切り ちょんまげ

2020.05.21

郡山総合車両センターに所属していた只見線キハ40形気動車2両が、千葉へと甲種輸送された。

5月21日時点でいま、小湊鐵道 五井機関区にいる。

◆只見線キハ40形気動車2両が小湊鐵道 五井機関区へ
https://tetsudo-ch.com/10371983.html

◆只見線キハ40 2026 2021 東北線を南下し千葉へ
https://tetsudo-ch.com/10366596.html

この只見線キハ40 2026 2021 には、雪国で活躍したキハ40らしい ちょんまげ があった。

運転台の直上ルーフ。車載アンテナの前につくフォーク形のバンパー。

その正体は定かじゃないけど、雪国によくあるつらら(氷柱)を砕くバンパーらしい。

↑↑↑画像でキハ40顔面のおでこに配されたビームの間にある、行き先方向幕のすぐうしろ、ショベルを空にむけたような金具。

これが つらら切り の役目を担ってたらしい。確かにその後ろに車載アンテナがある。

実はこの つらら切り、千葉貨物駅に到着したあとあたりで、切られたという話。

たしか……↓↓↓画像にもあるように、この郡山のキハ40にはドコモの衛星アンテナがついてたくるまがあった。その丸いケーキ型のアンテナは確認できなかったけど、千葉へやってきてなんで つらら切り が外されたかはわからない。

次の場所へむけて、ちょっとずつ変わってくキハ40。このあと、どんな動きをみせるか。

◆鉄道チャンネル 公式youtube で 小湊鐵道へ行くキハ40形 気動車2両の甲種輸送をとらえた映像を公開予定。チャンネル登録して、チェック↓↓↓


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです