ヒルズじゃない方の虎ノ門駅にも注目! がらりと変わるのは渋谷方面行きホームだけじゃない

2020.07.01

竣工建物と駅の断面図 画像:東京メトロ

東京メトロは銀座線虎ノ門駅渋谷方面行きホームの拡幅、新改札設置及び地下駅前広場の整備を終え、本日7月1日(水)より供用を開始しました。

本工事は東京メトロも参画する虎ノ門駅前地区市街地再開発組合が計画を進めてきた「虎ノ門駅前地区第一種市街地再開発事業」の一環として行われました。7月1日供用開始は東京虎ノ門グローバルスクエアの竣工に合わせたものですね。

東京虎ノ門グローバルスクエア

今回の改良工事により渋谷方面行きホーム幅は6.8mから10.4mに(いずれもホーム中央部)、改札口は4箇所から5箇所に、出入口は11箇所から13箇所に増加しました。その他にもエレベーター・エスカレーター等、新たなバリアフリー設備や約600㎡の地下駅前広場を整備したことで、ゆとりのある魅力的な地下駅空間が創出されています。

渋谷方面行きホームにつながる地下歩行者通路により、都心と臨海部を結ぶBRT(バス高速輸送システム)及び空港リムジンバスも発着可能なバスターミナルや周辺再開発ビルに接続。日比谷線虎ノ門ヒルズ駅との乗り換えも可能なことから、虎ノ門地区における「交通結節機能」が一層向上します。

虎ノ門ヒルズ駅

同駅では改札位置の変更が繰り返しアナウンスされ、朝ラッシュ時の乗客も特に迷うことなくスムーズに各改札へ向かっていました。東京メトロはこれからも駅改良工事を続け、「まちの顔」となるような魅力的な地下空間の整備を推進していくとしています。

鉄道チャンネル編集部

 


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです