JR東日本の「羽田空港アクセス線」2029年度開業 羽田鉄道プロジェクトを考える

2021.01.30

東急が線路幅の異なる京急に乗り入れ!?

新空港線の路線イメージ。国交省の資料には「矢口渡から京急蒲田までの事業計画の検討が進んでいる」と記されています。 画像は国交省の交通政策審議会資料から

羽田空港の鉄道アクセスには、「新空港線の新設」もあります。通称「蒲蒲線」で、東急蒲田と京急蒲田からのごろ合わせ。2000年ごろから構想が出ている、東急多摩川線を蒲田から延伸して京急空港線に乗り入れるプロジェクトで、地元の大田区が中心になって旗を振ってきました。

ルートは図の通りで、東急東横線から多摩川線に直通運転。矢口渡から地下に入り、JR東海道線をくぐって京急蒲田か大鳥居から空港線に乗り入れます。蒲田駅東側には大田区役所がありますが、庁舎地下には鉄道トンネルのスペースが確保済みという〝都市伝説〟もあります。

最大の課題は、京急が1435mmの標準軌、東急が1067mmの狭軌と線路幅が違う点。実現には、京急の3線軌条化または車輪幅を変えられるフリーゲージトレインの技術開発が必要で、相当なハードルがあります。

新空港線は東京メトロ副都心線経由で東武東上線や西武池袋線から空港方面への直行ルートになりますが、JR東日本の羽田空港アクセス線が整備されれば、ある程度代用できそうな気もします。

羽田空港の鉄道アクセスにはもう一つ、「京急空港線羽田空港国内線ターミナル引上線の新設」プロジェクトもありますが、紙数が尽きたため紹介は別の機会に。さらに、JR東日本が今回許可を受けた東山手以外の西山手、臨海部の両ルートを整備するのか、東山手一本に絞るのかも興味深い点です。

現在は〝東急のローカル線〟的な多摩川線ですが、仮に新空港線が実現すれば一気に脚光を浴びるでしょう。写真は多摩川線を走る新7000系電車。 写真:しんいちK / PIXTA

文:上里夏生


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです