大井川鐵道 12系客車で部品盗難被害が発生、警察に被害届

2021.02.18

(画像はイメージ)

大井川鐵道で2月16日、千頭駅構内に留置されている12系客車の部品が盗難にあっているのを確認した。

12月1日も同客車からの盗難事象が確認されている。被害の詳細は次のとおり。

◆2020年12月1日確認の被害
・車両窓ガラス損壊
・車掌スイッチ、非常用ブザー、方向幕の盗難

◆2021年2月16日確認の被害
・車両幌の損壊
・方向幕、方向幕指令器、温度計、非常灯、車両紹介の掲示板の盗難

大井川鐵道の12系客車は、JR西日本から譲り受けた5両。

JR西日本時代は、山口線 新山口(山口県)~津和野(島根県)62.9kmを、1988(昭和63)年~2017(平成29)年9月2日まで、「SLやまぐち号」として蒸気機関車にけん引されていた客車。

内装は欧風(カーペット敷き)、明治風(座席が革張り)などとバラエティに富む。

同社が保有する旧型客車(1939~1954年製造)の運用負荷を分散するなどの目的で導入されたくるま。

「盗難・損壊被害品は列車の安全運転に欠かせないもので、『SLやまぐち号』として活躍していた当時のようすを残す貴重な部品であり、12系の営業運転を楽しみにお待ちいただいている皆様の期待を裏切る行為です。また、鉄道施設内への無断立ち入りはたいへん危険です」(大井川鐵道)

大井川鐵道は、今回の盗難被害を受け、両件について、警察署に被害届を提出。盗難と留置車両への無断立ち入りに関して、情報を持つ人は大井川鐵道へ。

本件に関する情報提供先
大井川鐵道 鉄道部
0547-45-4113(平日9:00~17:00受付)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです