競馬場最寄り「東中山駅」がリニューアル 馬の蹄鉄展示やインフォメーションボード新設、京成初の試みも

2021.04.02

リニューアル工事が完了した京成電鉄東中山駅

その直線の短さや年末の有馬記念で知られる「中山競馬場」――その最寄り駅としてはJR船橋法典駅のほか、JR西船橋駅、京成電鉄東中山駅が挙がる。

京成電鉄は2021年3月30日、東中山駅のリニューアルを完了したと発表した。

工事は2019年4月より進められてきたもので、内装を駅周辺の緑豊かな住宅街の景観に合わせた木目調に変更。化粧室に自動ソープディスペンサーを備え、駅舎耐震補強工事も行われた。

駅舎内装を木目調に
自動ソープディスペンサーを備えた化粧室
耐震補強工事も行われた

京成電鉄は中山競馬場の協力のもと、インフォメーションボードを設置。さらに駅構内の一部に馬の蹄鉄を展示するなど、競馬ファン向けの設備も充実した。

中山競馬場インフォメーションボード
馬の蹄鉄を展示

また改札口付近の床面には、同社としては初の試みとして、床面の競走馬の絵が立体的に見える「錯視サイン」も設置している。

床面の絵が立体的に見える「錯視サイン」

同社は「今後も地域社会との連携を強化し、沿線地域の持続的発展を目指してまいります」としている。中山競馬場へお越しの際は、ぜひ東中山駅にも足を運んでみて欲しい。

鉄道チャンネル編集部
(画像:京成電鉄)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです