アンチクライマーや三菱製VVVF…ことし4本増備する小田急5000形は公式YouTube 新型車両解説が楽しい

2021.04.28

川崎重工、総合車両製作所、日本車輛製造が共同設計し、小田急電鉄が2019年から投入している新型通勤車両5000形。

その公式YouTubeの解説が、詳しくて楽しい。

たとえば、前面からの衝突をイメージし、先頭車と中間車の間の連結面に設置した衝撃吸収アンチクライマーや、三菱電機製と思えるVVVFインバータ制御装置、オイルフリーレシプロ式コンプレッサなども紹介している。

また小田急初の車内防犯カメラや非常通報装置、前照灯・尾灯・車内照明などのLED化、車内照明埋め込み化など、いままで乗っていても気づかなかった機能も教えてくれる。

そんな小田急の新型通勤車両5000形は、ことし4編成が登場する予定。

さらに小田急は、1988年から活躍している通勤車両1000形をリニューアル。くるま椅子スペースや車内LCD表示器、自動放送装置などを設置し、安心・快適さをアップさせるという。

また、制御装置更新による省エネルギー化や、床下機器の低騒音化など、環境面もアップグレードする。

◆意外と楽しい!? 新幹線や小田急ロマンスカー、普通列車グリーン車で行く SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ
https://tetsudo-ch.com/11370488.html

◆小田急「ロマンスカーミュージアム」お披露目!歴代特急車両展示のほか、沿線を再現した巨大ジオラマなども
https://tetsudo-ch.com/11325138.html

◆新宿貨物駅 跡地のいま、小田急地下ホームや西武新宿駅ビルが建設中のころ_新宿1974
https://tetsudo-ch.com/11264445.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです