登場から12年、川崎重工業で新製した新幹線E5系U46編成が出場

2021.09.02

2009年から川崎重工業と日立製作所がつくっているJR東日本 新幹線E5系。

その最新版U46編成が川崎重工業 兵庫工場を出場し、JR東日本新幹線総合車両センターへ運ばれた。

輸送は、川崎重工 兵庫工場からちかい神戸港まで陸送。神戸港から仙台港へむけて船で車両を運び、陸揚げ後に再びトレーラーでJR東日本新幹線総合車両センターへと行くルートをとった。

画像は10年前の2011年、川崎重工業 兵庫工場の公道からみえた光景。完成を間近にひかえたE5系中間車が並んでいる。その脇には東京メトロ 千代田線むけ16000系の姿もみえる。

路盤をみると、新幹線や私鉄などの標準軌(線路幅1435mm)とJR在来線などの狭軌(1067mm)がいっしょの軌道を移動できるような三線軌条もみえる。

川崎重工 兵庫工場は、この画像の奥でJR和田岬線(山陽線支線)と線路がつながっている。

<鉄道チャンネル 関連記事>
◆北陸新幹線高架工事に自律走行ロボット、資材運搬自動化めざす(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11746781.html
◆東海道新幹線に「お子さま連れ専用車両」10月から期間限定で土休日に設定(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11746499.html
◆北陸新幹線 敦賀―大阪、青函共用走行区間など…国交省 2022年度予算概算要求(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11732950.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです