コナン列車に「新デザイン」 ピンク色車両をリニューアルし9/18運行開始

2021.09.02

JR西日本は2021年9月2日、山陰本線を中心に活躍する「名探偵コナン列車」ピンク色車両のデザインをリニューアルすると発表した。

名探偵コナン列車は、「まんが王国とっとり」の建国を記念し、2012年度に運行を開始したラッピング列車。車体にはコナンをはじめとした同マンガの主要キャラクターイラストが描かれている。

現在はコナンや怪盗キッドのイラストをあしらった「ピンク色車両」(2015年度~)、工藤新一や毛利蘭などが描かれた「青赤車両」(2019年度~)が運行中だが、ピンク色車両は2021年9月9日をもって運行を終了し、デザインリニューアルを行う。(「青赤車両」は引き続き運行)

新デザインのテーマは車両ごとに分かれている。米子側を「招集された探偵たち」鳥取側を「少年探偵団」とし、各車両のテーマにあわせたキャラクターが描かれる。車体色は米子側が茶、鳥取側がオレンジ。

また内装(トイレ入口)にコナンと探偵風衣装の工藤新一のイラストを配し、お手洗いのピクトグラムを工藤新一と毛利蘭を模したイラストにする。

運行開始日は2021年9月18日。

鉄道チャンネル編集部

次ページ内装(トイレ入口)イメージ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです