JR貨物 南福井駅 が着発線荷役に対応、ゆくゆくはコンテナホーム1面2線上下7本をE&Sへ

2021.09.17

福井県福井市花堂北の北陸線 JR貨物 南福井駅は、10月11日から、着発線荷役方式(E&S方式:Effective & Speedy Container Handling System)に対応する。

E&S方式対応のおもな設備は、コンテナホーム・荷役線1面1線22両、当面の間は一部使用で、今後1面2線での全面使用開始をめざす。

着発線荷役方式(E&S方式)は、コンテナを本線上の列車から積卸しする荷役スタイル。

列車の着発線上に荷役ホームを設置し、列車が駅に到着してすぐにコンテナの積み卸し作業ができるというメリットをもつ。

従来は貨物列車到着後、機関車で架線のない荷役線までけん引するなどの入れ換え作業で、時間がかかっていた。

そこを、列車の着発線上に荷役ホームで直接、荷役するように構造を変え、リードタイムの大幅短縮とコスト削減を図ったのがこの方式。

着発線荷役方式では、コンテナ荷役作業などのさい、架線との接触事故などを防ぐべく架線の送電を止めて行うことから、架線下荷役とも呼ばれている。

現在、この着発線荷役方式に対応する駅は全国に30駅あり、南福井駅が対応したことで31駅に。

駅構内での複雑な入換作業がないため、大幅なリードタイム短縮と省力化、輸送需要への柔軟な対応が可能になる。

<南福井駅 概要>

◆面積:総面積 約5.6万平米、一部使用期間中のコンテナホームは約1.1万平米、全面使用開始時のコンテナホームは約1.7万平米

◆主な設備:コンテナホーム・荷役線1面1線22両・E&S方式対応。当面の間は一部使用、今後1面2線での全面使用開始めざす

◆列車本数:上り3本・下り4本/日(現行:上り2本・下り3本)

◆取扱量:約11.2万トン/年間(2020年度実績)

<鉄道チャンネル 関連記事>
◆岐阜貨物ターミナル駅と新南陽駅、リードタイム短縮の先駆け(鉄道チャンネル)
https://tetsudo-ch.com/11513504.html

画像:JR貨物
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです