新幹線と品鶴線の下に待望の東西連絡道、品川区で10/22供用開始!

2021.10.11

湘南新宿ライン(山手貨物線 大崎支線)と横須賀線(品鶴線)の分岐・合流地点、蛇窪信号場。

この蛇窪信号場付近には、上空2階部分に東急大井町線、3階部分に東海道新幹線が走っている。

そして、その地下1階部分に、待ちに待った東西連絡地下道路670メートルが。10月22日から供用を開始する。

正式名、東京都市計画道路補助線街路第26号線

画像↑↑↑は東急大井町線を背にし、今回開通する地下道と、東海道新幹線・品鶴線方面をみている画。遠くに高架橋を行く新幹線車両がみえる。

この地下道が供用開始することで、東側の大井町・鮫洲、そして新幹線大井車両基地がある八潮、西側の戸越・武蔵小山の各エリアが1本の道路で結ばれる。

放射状に伸びる道路でみると、この東海道新幹線・品鶴線交差付近の補助26号が開通すると、山側から目黒通り・中原街道(都道2号)・第2京浜(国道1号)・第1京浜(国道15号)・首都高1号羽田線・首都高B湾岸線などが東西で横串的につながる。

また、この地下道の開通で、蛇窪信号場付近にある自動車一方通行路(海側→山側)の住吉踏切の混雑も緩和する見込み。

さらに、東急大井町線の戸越公園駅付近に6か所ある踏切の交通量もやや減るとも見込んでいる。

この補助26号と横須賀線(品鶴線)交差部では、鉄道関連工事側の工事名は「品鶴線大崎駅構内住吉こ道橋他新設」。

事業主体は東京都第二建設事務所、発注者はJR東日本東京工事事務所、請負者は鉄建・ジェイアール東海建設共同企業体。

画像:東京都(図面)/ 鉄道チャンネル(現場写真)
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです