「ウエストエクスプレス銀河」が四国へ クリスマスの朝に大阪発

2021.10.27

「WEST EXPRESS 銀河」車両イメージ

JR西日本は2021年10月27日、長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」が四国へ行くと発表した。

2021年10月~12月にかけて実施中の観光キャンペーン「四国DC」クライマックスを飾る列車として運行する。運転日時・停車駅などは次の通り。

<下り>
2021年12月25日(土) 7:19大阪発 14:05琴平着
停車駅は大阪・神戸・岡山・児島・多度津・琴平

<上り>
2021年12月26日(日) 15:32琴平発 22:02大阪発
停車駅は琴平・多度津・丸亀・児島・岡山・神戸・大阪

往路では岡山駅や多度津駅、琴平駅でおもてなしが行われ、琴平駅到着後にはJR四国の観光列車「四国まんなか千年ものがたり」へ乗車するプランも用意されている。復路では琴平駅、丸亀駅、児島駅でおもてなしが行われる予定。

商品詳細は11月2日16時以降、「WEST EXPRESS 銀河」特設サイトからリンクする日本旅行の専用ホームページで発表される。従来と同様、旅行会社が企画・実施する旅行商品限定で、2021年11月5日15時から発売を開始する(先着順)。

「WEST EXPRESS 銀河」は最近2021年度グッドデザイン100およびグッドフォーカス賞(地域社会デザイン)を受賞したばかり。「回遊性を持った車両のデザイン」や、「あえて停車時間を設け、地域との連携によるおもてなしを提供する」といった地域活性化の取り組みが高く評価されている。

画像:鉄道チャンネル
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです