「SL銀河」旅客車の老朽化に伴い2023年春運行終了

2021.11.20

JR東日本盛岡支社は19日、釜石線の観光列車「SL銀河」の運行終了予定を2023年春と発表した。今後の運行予定は、2021年は12月5日までの土日、2022年は春から初冬まで、2023年は春のみ。

「SL銀河」は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を代表的なテーマとしてプロデュースされた観光列車。運行開始日は2014年4月12日で、これまでの乗車人数は約57,000人。

使用車両は動態復元したC58-239号機(機関車)、JR北海道から譲渡された車両を再改造したキハ141系(旅客車)で、盛岡支社はこの旅客車の老朽化を運行終了の理由として挙げている。

盛岡支社は今後、運行終了まで引き続き「SL銀河」を活用した様々なイベントを計画し盛り上げていく予定で、「運行終了後につきましても、新たな観光列車の運行に向けて検討を進めるとともに、地域のみなさまと一緒に観光振興に取り組んでまいります」としている。

画像:yamahide / PIXTA
記事:鉄道チャンネル(https://tetsudo-ch.com/


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです