「車内放送がちょっと違う?」「車内にアート作品」JR山手線で”いつもとちょっと違う”列車、18日から約2週間運行

2022.01.18

山手線E235系が1編成だけ特別仕様に

2022年1月18日(火)から2月1日(火)までの約2週間にわたり、「山手線 ver.HAND!by 東京感動線」という”いつもとちょっと違う”列車が山手線を走ります。

使用車両はE235系。アートと音楽の祭典「HAND! in YAMANOTE LINE―山手線でアートと音楽を楽しむ50日間―」の一環として1編成のみ特別仕様にしたもので、外観や中吊り、車内放送に他の車両とは異なる仕掛けが施されています。

他の山手線車両とは何が違うのでしょうか? まずは車両の外観から見ていきましょう。カラーリングは通常のE235系と同じですが、ドア付近に「東京感動線」「山手線で、アートと音楽を楽しむ50日間。」「山手線で、Well Being. WaaS」といった本イベントのロゴイラストやテーマがデザインされています。

各車両のドア付近に「東京感動線」のロゴやテーマのデザインが配置されている

派手なラッピング車両などと比べると外観は大人しいもの。どちらかといえば、他の車両との相違点は車両の「外」ではなく「内」にありました。

11アーティスト24作品を使用した中吊りアートギャラリー

各車両ごとに異なるアーティストの作品を展示

「山手線 ver.HAND!by 東京感動線」では、「YAMANOTE LINE MUSEUM」と題して、各車両にアート作品を展示しています。作品の素材は紙やキャンバスから塩化ビニルなど様々で、乗り込んだ号車によってはアート作品と気付かず「洒落た中吊り広告だ」とスルーしてしまうかもしれませんが、逆に乗車して上を見た瞬間に「これは……一体?」と興味を惹かれるパターンもありそう。

もし気になる作品があれば、中吊りアートに掲示されているQRコードをお手持ちのスマートフォンで読み取ってみるのもいいでしょう。「YAMANOTE LINE MUSEUM」ホームページ内のアーティストページにアクセスできます。

余談ですが、実はこの列車に展示されているアート作品の多くは、運行開始日の1月18日からJR東日本のECサイト「JRE MALL」で購入できるようになります。値段は作品によって異なりますが、概ね数万~十数万円ほど。お渡しは期間限定運行終了後。

【参考】上野駅改札内で始まったアート作品展、近日中に高田馬場駅コーヒーショップでも
https://tetsudo-ch.com/11953859.html

中吊り広告のQRコードを読み込んでAR体験!

中吊り広告に掲載されたQRコードを読み込めば、ARでイラストなどが出現する仕組み

JR東日本とKDDIが協力し、車両内にちょっとした仕掛けのある中吊り広告を設置しています。スマートフォンで中吊り広告に掲載されたQRコードを読み込むと、デフォルトのブラウザが起動し、画面上にAR(拡張現実)で立体的なイラストなどが表示されるという仕組み。表示内容は運行期間の前半・後半で異なるそうです。

また中吊りのQRコードには「バーチャルトリップ」というコンテンツを表示させるものもあり、自身は山手線に揺られながら、スマートフォンの画面ではどこか遠い地方の旅を楽しむ……といった体験も可能です。こちらもAR同様特殊なアプリをインストールする必要はなく、お手持ちのスマートフォンですぐに体験できるコンテンツとなっています。

車内放送にもこだわり、ニッポン放送のアナウンサーが協力

視覚だけでなく聴覚でも「いつもと少し違う体験」ができるのも本列車の面白さ。運行中は山手線の他の車両と同じように車内放送が流れるのですが、実はその後に「期間限定のオリジナル放送」が続く場合があります。

「東京感動線が送る、特別な山手線へようこそ」というアナウンスが聞こえたら、耳を澄ませてみて下さい。たとえば高輪ゲートウェイ駅周辺を行く際は「このあたりでは、明治の初め、鉄道が海の上を走っていました」と高輪築堤に言及したり、恵比寿駅周辺では「かつてビール専用の貨物駅として誕生しました」と、その歴史や駅メロに触れた放送が流れます。

収録したのはニッポン放送の「鉄道が大好き」という飯田浩司アナウンサー。放送が行われるのは内回り・外回りともに5~6箇所程度で、そのほとんどは沿線の施設や見どころを紹介する内容になっています。放送は車掌業務の合間に行われるため、忙しいラッシュ時などは必ずしも流れるとは限りませんが、もし運良く本列車に乗るチャンスがあれば、ぜひ放送内容にも注意してみてください。

本列車ではその他にも、車両連結部のモニター(11両編成で計20カ所)画面やその周辺で「WaaS」(Well-being as a Service)に関する情報を発信したり、SNS上の投稿の一部をトレインチャンネルで放映するといった取り組みも行われるようです。

山手線沿線の駅やまちを舞台に広げられるアートと音楽の祭典「HAND! in YAMANOTE LINE―山手線でアートと音楽を楽しむ50日間―」は、2022年1月17日(月)〜3月7日(月)まで。「山手線 ver.HAND!by 東京感動線」が走るのは最初の2週間のみですが、沿線ではさまざまな芸術関係のイベントやキャンペーンが展開されます。

記事:一橋正浩


LINEで送る

オススメ記事