新金線 三重田街道踏切から新宿界隈を歩いて出会った昭和物件と謎アンテナ

2022.05.05

「ここは、かなまちし線 13番 みえたかいどう踏切 です」

踏切にこう記されているここは、東京都葛飾区新宿。都庁がある新宿(しんじゅく)ではなく、葛飾にある新宿は「にいじゅく」。

この葛飾区新宿を南北に貫く線路が、新小岩と金町を結ぶ総武線支線 新金線。しんきんせん、しんかねせん、ともいうし、冒頭のように金町支線(かなまちしせん)ともいう。

新金線 三重田街道踏切から新小岩方面をみる

新金線の三重田街道踏切から新小岩方面をみると、踏切から先は5パーミルの下り。となりの踏切名は浜街道踏切。

見事な門型鉄柱が等間隔に整然と並んでいる。一日数本の貨物列車しか走らない新金線では、踏切の警告音もなかなか鳴らず、のんびりした雰囲気。

新金線 三重田街道踏切から金町方面をみる

新金線 三重田街道踏切から金町方面をみると、赤信号の手前で右へとカーブしている。ほぼ90度、右へ進路を移すと、新金線の北端、常磐線 金町駅。

この新金線の三重田街道踏切から国道6号へむけて歩いてみると……

昭和古風なアパートや、正体不明アンテナに遭遇

下町風情があちこちに残る葛飾区新宿(にいじゅく)界隈。この昭和古風なアパートもおもしろい。

鉄製の急な階段とトタンの屋根、1階の玄関には立派な瓦の三角屋根がつく……。

古風な家屋があると思うと、いきなり正体不明の大きなアンテナにも出くわす。

画像↓↓↓は、国土交通省 東京国道事務所 亀有出張所。

この亀有出張所は、都内の国道4号(日光・奥州街道)・国道6号(水戸街道)・国道14号(千葉街道)を管理する事務所で、棟の上に背の高いアンテナがのびている。

―――このアンテナから、どんな情報が交信されているのか。気になる。

◆鹿島と東京を6時間で結ぶ愛知機関区 EF64 コンテナ列車 1094レ
https://tetsudo-ch.com/10453464.html

◆新幹線ドクターイエローの在来線版、時刻表にない路線を行く
https://tetsudo-ch.com/11242208.html

◆電車内テレワークもイケる!? ボックス席1周旅、首都圏JR電車で消えるセミクロス車に揺られて
https://tetsudo-ch.com/11083848.html

◆越中島支線のレール輸送からDE10ディーゼル機関車が消える日もちかい
https://tetsudo-ch.com/10652021.html


LINEで送る

オススメ記事