奥出雲おろち号が発着する木次駅で、次の列車まで1~2時間あったら、どこ行く?

ゆっくり島根時間を過ごしたいって人は、線路沿いの小さくておしゃれな古民家カフェで過ごす「至福のカフェ時間」もおすすめ。

しかも、木次線を行く列車が、小さなお庭越しにみえるカフェだったら、これはもう行くしかないでしょ。

ADVERTISEMENT

ってことで、さっそく木次駅(島根県雲南市)から鉄道物件をウォッチしながら歩いて行く。

木次線の線路沿いを歩いて、おしゃれでおいしいカフェ時間を

まずは、駅を出てすぐ右へ。線路沿いの道を北へと行くと、里方踏切がみえてくる。この里方踏切から、木次駅をながめる。

14時半ごろの相対式ホーム2面2線の木次駅ホームには、キハ120形気動車 宍道行き1458D列車と、備後落合行き1451D列車がとまってる↑↑↑

この里方踏切を渡って、さらに線路沿いを歩いていくと、木次駅から歩いて5分ほどで出会うのが、線路沿いの小さなカフェ「オリゼ」。

トップ画像のように、ゆっくりまったり島根時間を体感できる、おしゃれでかわいいカフェ空間がここに。

しかも、大きな窓とお庭の先には、木次線の線路がみえる!

ランチタイムには「オリゼランチ」なる絶品グルメ↓↓↓も味わえるから、木次線の旅は、木次駅を通り過ぎてちゃ、もったいない。

Googleマップの表記は、「café A.oryzae」で検索すると場所がわかるから、木次線のゆっくり島根旅で、「至福のカフェ時間」を体感してみて。

◆島根の時間 まとめ
https://tetsudo-ch.com/tag/shimane