親と子が気動車のノッチ入れて「出発進行!」 関鉄が「親子で鉄道エンジニア体験」開催【レポート】

2022.06.21

運転士体験では数秒間ですが指導運転士が手を放して参加者が一人で列車を走らせます

コロナ後の鉄道会社のイベントやツアーの傾向。本サイト掲載のニュースでも明快なように、一時代前の人気列車の再現とか、普段見られない現場の公開とか、鉄道ファンを意識して、プレミアム(特別)感を打ち出した企画が目立ちます。

鉄道会社の経営資源といえば、もちろん車両や駅。それらをツアーやイベントに仕立て、鉄道ファンに来訪してもらう作戦です。そんなイベントの一つ、関東鉄道(関鉄)の「親子で鉄道エンジニア体験」が2022年6月19日、茨城県常総市の水海道車両基地で開かれ、20組の親子が参加しました。最近の子どもたちは、どんな列車に興味を持つのか、会場でたっぷり話を聞きました。

本物の鉄道車両を走らせる これぞプレミアム

鉄道車両の運転体験は、今や鉄道イベントの定番かも。関鉄も以前から「気動車体験運転」を定例開催し、100回以上参加したコアなリピーターもいます。

車両基地内の限られたスペースといいながら、本物の鉄道車両を自分の手で走らせる。これぞ究極のプレミアム体験といえるでしょう。

そして今回、初めて参加対象を親子連れに広げました。子どもたちにとって、昔も今もあこがれの仕事が電車の運転士(気動車もです)。実は「子ども以上に鉄道が好き」という、お父さん、お母さんは少なくなく、関鉄のイベントも定員を上回る応募者から、抽選で参加者を決めました。

マスコンキーを差し込んでGO!

イベントは「運転士・車掌体験」と「軌道整備・軌道自転車体験」の2部制。運転士体験を主に紹介します。

軌道自転車は〝2両編成〟。行きはペダルをこいで前進、帰りはエンジン付き車両でけん引します
車掌体験で窓から顔を出して車側灯の消灯を確かめます。車側灯はドアが開いたままだと消えません

最初に、先生役の指導運転士から加速用のマスコンキーを受け取って、運転台に差し込みます。イベントで使用したキハ2300形は、加速用、ブレーキ用が別々の2レバータイプ。走り出す前にブレーキを3ノッチに入れ、圧力計の針がきちんと動くかを確認します。

発車時は知らせ灯をチェックして、大きな声で「前進よし」。次に出発信号を見て、「指さし確認」。出発時は警笛(「電気笛」といいます)を軽く鳴らして、周囲に注意をうながします。

鉄道車両を運転した経験をお持ちの方ならご存じ、列車はノッチを一気に入れても比較的スムーズに発車・加速しますが、難しいのが停車時。どうしても急ブレーキになりがちで、目標の手前で停止してしまうケースが珍しくありません。

次ページ「北海道新幹線やサンライズに乗りました」


LINEで送る

オススメ記事