相鉄・東急「新横浜駅」やANAの訓練施設へ……鉄道と航空の舞台裏に触れる異色コラボツアーに密着【レポート】

2022.08.21

ツアーでは開業前の「新横浜駅」やANAの訓練施設を訪問しました。鉄道ファンにとっては気になる新線、工事中のコンコースや駅ホームの様子は本稿後半で紹介いたします

2022年8月20日(土)、ANAグループとJRTT(鉄道・運輸機構)による「コラボで見せます!鉄道と航空の舞台裏体感ツアー」が開催され、18名の参加者がANAグループの訓練施設「ANA Blue Base」や相鉄・東急直通線の「新横浜駅」(※)を訪れました。

社員の訓練施設や地下鉄駅の建設現場は、普段は旅客の目に触れることのない「舞台裏」です。鉄道と航空という異業種で、しかもANAグループとJRTTはこれが初めての連携という異色のコラボツアーは一体どのようなものだったのか? その様子を写真中心にレポートするとともに、企画が生まれたきっかけについても深掘りします。

※厳密には駅名が確定しているわけではありませんが、本稿では「新横浜駅」の呼称で統一します。

訓練の様子を間近で見られる「ANA Blue Base」

訓練中の様子。現役社員の説明を聞きながら熱心にメモを取る参加者の姿も

ツアー参加者が最初に訪れた”舞台裏”は「ANA Blue Base」。鉄道ファンにはあまり馴染みがないかもしれません。羽田空港周辺や関東近郊の訓練・教育・研修施設を統合・集約し、通常のオペレーションにかかわる訓練を一通り行えるようにした総合訓練施設です。場所は羽田空港の西側で、京急の穴守稲荷~天空橋駅間から北へ500メートルほど進んだ先にあります。

施設そのものが「一般のお客様の見学」を意識した作りになっており、航空機の運航に関わる6職種の訓練の様子などをガラス越しに見学できるのがポイント。ツアーでは、現役の社員が各訓練の様子や業務に関わる展示内容の解説を行いました。

夏休みということもあり、親子連れで参加された方も
ボーイング787(左)とボーイング767(右)のエンジン。オイル交換や、内視鏡でエンジン内部にある部品の状況確認を行う訓練などを行っているそうです
訓練の様子や設備の紹介などを行いつつ、参加者からの質問にも応じます

「ANA Blue Base」では2021年12月から一般公開を行っており、同施設のホームページで見学ツアーの予約を受け付けています。実際に訓練を受けている社員が案内するという強みもあってか、「将来は客室乗務員になりたい」といった航空業界への就職志望者が来場されることも多いようです。普段の見学ツアーは男女比がおおよそ半々、個人よりは2~4名での参加が多く、夏休み中は子供連れのご家族も増えます。

今回は鉄道とのコラボツアーだったこともあり、「乗りもの」ならなんでもござれな方、逆に航空業界にあまりなじみのない鉄道ファンの方もいらっしゃいました。質問内容も普段とは異なる角度からのものが多く、案内側としても新鮮な体験であったようです。

最後に訪れた部屋では、壁面に飛行機から見下ろしたような世界各地の風景を映し出しました

次ページ建設中の新横浜駅へ


LINEで送る

オススメ記事