JR東日本 山手線・京浜東北線・東海道線・総武線・総武線快速・京葉線・中央線・武蔵野線・埼京線・南武線・鶴見線・横浜線・横須賀線・常磐線・湘南新宿ライン・上野東京ラインをはじめ、

東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線、

Osaka Metro 御堂筋線・谷町線・四つ橋線・中央線・堺筋線・長堀鶴見緑地線・今里筋線・ニュートラムなど、首都圏・大阪圏の電車ドア横ポスター4枚のほか、

ADVERTISEMENT

渋谷駅駅構内・駅前、新宿駅 東西自由通路 ウォール456など駅ナカ駅チカ、

さらに東京・横浜・埼玉・名古屋・京都・大津・札幌のタクシー、

そしてテレビ&ラジオCMまで、矢継ぎ早に展開し、いま話題を呼んでいるのが、にしたんクリニック新CM!

しかも船越英一郎と黒木瞳が23年ぶり共演、にしたんCM初出演!

にしたんクリニック(医療法人社団直悠会)のCMといえば、郷ひろみと3時のヒロイン福田麻貴 ゆめっち かなでのCMでおなじみ。

でもこの新CM「サスペンスドラマ」篇は、その名のとおり、あの「2時間サスペンスドラマの帝王」と、大女優が出演するってことで、話題に。

しかも電車や駅、タクシー、テレビ、ラジオ、ネットを席巻するほど、大展開し、どこにいてもあのビジュアル&ムービーが……。

そして火曜サスペンス劇場(日本テレビ系列)を知ってる人にはぐっとくる、あのオープニングの曲が流れるから、公開初日からざわざわ(笑)。

「イモトのWiFi」の西村誠司 代表取締役社長も出演!

そしてこの にしたんクリニック新CM「サスペンスドラマ」篇でもうひとつ注目なのは、「にしたんクリニック」や「イモトのWiFi」などを手がけるエクスコムグローバル(XCom Global, Inc.)の西村誠司 代表取締役社長がいろいろな役で出演してるところ。

公開初日の新CM発表会では、船越英一郎と黒木瞳が、こんな印象を伝えていた。

「振り返ると、部下役の西村社長が圧倒的な存在感を放っているシーンがあって、そこでの共演は役づくりが難しかった!」(船越)

「シーンを重ねるたび演技がどんどんお上手になっていき、もう、役者のようでしたよね」(黒木)

ドラマ界の重鎮2人にそういわれた西村社長は、この新CMのなかで、スナックの客、警察官など、姿を変えて5回も登場。

そのそれぞれの演技をチェックするだけでも楽しいのに、さらに謎がいろいろ……。

どんな事件か、誰が犯人か……まったくわからない!

この にしたんクリニック新CM「サスペンスドラマ」篇は、どんな事件が起きて、誰が殺されて、誰が犯人かが、まったくわからない。

豪華キャスト陣も知らされないまま演じたということで「観る人それぞれの想像力で、いろいろなストーリーになる。それがこの新CMのすごいところ」と。

船越英一郎は、「火曜サスペンス劇場が始まった年から、終わるまでずっといっしょに歩んできた。今回、この火サスのオープニングをフィーチャーしていただけたことで、この曲がずっと残っていくことがすばらしい」と絶賛。

「火サスが『たんたんたんーん』で残っていくんだな。『むかし火曜サスペンス劇場があってねって語り継がれていくのはうれしいですよ」(船越)

黒木瞳もこう続ける。

「短尺のなか想像でお芝居をして、船越さんと『これで大丈夫なのか』と不安になりながら撮影が進んだんですけど、完成したCMを見て、緊迫した場面でも『にしにしにしにし…』と音楽がかかっていて、えもいわれぬ撮影空間。すてきなギャップが生まれて楽しかったです」(黒木)

「社長、怪しいですね」(かなで)

また、にしたんクリニックCMでおなじみの速攻タンバリンや、見事な高笑いを演じた福田麻貴は、「これまで以上に、何度観ても真相が判別できないつくりに注目です。何度も観て、そのおもしろさをみつけてください」とプッシュ。

「今回の新CMは誰が観ても、各々でとらえ方が違うと思うので、ぜひ何度も観て、想像して、楽しんでください」と かなで もアピールした。

―――ここで気になるのが、このサスペンスドラマの真犯人と、物語の行方。新CM発表会登壇者4人は、その犯人像についてこうもらした。

「犯人は確率的には、社長の役のどれかだと思うんですよね」(福田)

「社長、怪しいですね」(かなで)

「まったく予測不能なので、ぼく自身も楽しみにしたい」(船越)

「社長と愛が芽生えたりして(笑)」(黒木)

西村社長びっくり発言「続編として『取り調べ篇』をつくりたい」

そして最後は、またも西村社長が驚きの次回作情報をリーク。

「実は、続編として『取り調べ篇』をつくりたいと思っています」(西村社長)

―――次回作も気になる、にしたんクリニック サスペンス篇 CMシリーズ。

その行方が気になる人は、にしたんクリニック公式サイトをチェックしてみて。