Hawaii Tourism Authority (HTA)
Ben Ono

ハワイやニューヨーク、フロリダなどの高級コンドミニアム・スタイルのお部屋で、ほんとうに暮らしているかのようなゆったりとした時間を楽しむ―――それが、ヒルトングランドバケーションズのバケーション・スタイル「タイムシェア」。

世界1万1500か所以上の豊富なホテルやリゾート施設と交換利用でき、世界中に自分の部屋を持つような感覚の優雅なライフスタイルを実現できるのも、ヒルトングランドバケーションズの魅力。

そんなヒルトングランドバケーションズのハワイ在住スタッフが、最新オススメスポット&過ごし方を紹介!

ADVERTISEMENT

ここで美しい景色やシズルといっしょにチェックしていこう。

1番好きなハワイの島は?オススメの過ごし方は?

オアフ島でおススメの場所
ソルト・アット・アワ・カカアコ
Hawaii Tourism Authority (HTA)
/ Ben Ono
オアフ島でおススメの場所
ワイマナロ湾
Hawaii Tourism Authority (HTA)
/ Tor Johnson
オアフ島でおススメの場所
マカプウビーチ
Hawaii Tourism Authority (HTA)
/ Mark Kushimi

全島から集まったアンケート結果の堂々1位はやはりオアフ島。

ハワイ在住のHGVスタッフのコメントを参考に、次のバケーションの予定を計画してみてはいかが?

1位: オアフ島
【スタッフのコメント】
「都会と田舎のいいとこ取り」
「楽しいアクティビティや観光スポットがたくさんある」
「賑やかなバケーションを楽しみたい人にはおススメ」

ハワイ島でおススメの場所
キラウエア火山
Hawaii Tourism Authority (HTA)
/ Kirk Aeder
ハワイ島でおススメの場所
ヒロ
Hawaii Tourism Authority (HTA)
/ Ben Ono
ハワイ島でおススメの場所
ブラックサンドビーチ
Island of Hawaii Visitors
Bureau (IHVB) / Kirk Lee Aeder

2位: ハワイ島
【スタッフのコメント】
「ラグジュアリーリゾートの魅力がある」
「星空観察、火山、ユニークなビーチなど、すべてが揃っている」
「熱帯雨林や緑豊かな渓谷から、ハワイで最も神聖な火山であるマウナケア山頂の雪まで、様々な気候を楽しめる」

3位: カウアイ島
【スタッフのコメント】
「人が少なく自然の風景が美しい」
「商業化されておらず、ハワイや地元の文化が豊富にある」
「ハワイのアロハスピリットを体現している」

マウイ島でおススメの場所
モロキニ島
Hawaii Tourism Authority (HTA)
Tor Johnson
マウイ島でおススメの場所
ハナ
Hawaii Tourism Authority (HTA)
Tor Johnson
マウイ島でおススメの場所
カパルア海岸
Hawaii Tourism Authority (HTA)
Tor Johnson

4位: マウイ島
【スタッフのコメント】
「オアフ島のように都会過ぎず、でもトロピカルなハワイを感じることができる、中間的な島」
「マウイ島のエネルギーと美しさは群を抜いている」
「観光、アクティビティ、レストラン、そしてフレンドリーな地元の人々」

ハワイでオススメなローカルフード

Hawaii Tourism Authority (HTA)
Dana Edmunds

ガーリックシュリンプ―――ガツンときいたにんにくの香りが食欲をそそり、ぷりぷりのエビの食感がクセになる。

購入して食べるのもいいけど、自分の好みの調味料を購入して料理に使い、さらに余った調味料をお土産にすると、日本に帰ってからもハワイを思い出すことができる。

オノのグリル―――ハワイ語で “食べごろ “を意味する「オノ」は、別名として「ワフー」とも呼ばれている魚で上品な味わいの白身。刺身でも美味しいけど、ハワイでは、フライやソテーにすることが多い魚。

カルアピッグナチョス―――カルアピッグはハワイアンの伝統料理の中でも馴染み深い料理で、長時間蒸し焼きにし、ホロホロになった豚肉をさいたもの。それをナチョスといっしょに食べると絶品。ビーチサイドで南国らしいスナックタイムを過ごしてみて。

―――ヒルトングランドバケーションズののコンドミニアムスタイルの部屋には、キッチンが完備されているので、子どもの離乳食や日本食、夜食をつくったり、現地の食材を使った料理に挑戦できる。

日本人にも人気があるファーマーズマーケットでは、ホテルに泊まっているとできあがった商品しか購入できないけど、キッチンがあると購入できる商品の幅が広がるのも楽しい。

ここでハワイでオススメのヒルトングランドバケーションズを紹介

“暮らすように旅をする”ことが出来る宿泊先として、ハワイ4島に13のリゾートを持つヒルトングランドバケーションズ。

多くのリゾートにはフルキッチン、洗濯乾燥機が完備されているから、「第2の我が家」に帰ってきたように旅を快適に過ごせる。

そこで、各リゾートの魅力と、毎年リゾートに宿泊される人のリゾート活用方法をここで紹介!

キングスランド・ヒルトングランドバケーションズクラブ

https://www.hgvc.co.jp/hawaii/kings-land-hgvc/

世界有数の活火山キラウエア火山、多種多様な海洋生物が観察できる美しい海など、地球の神秘を感じられる島、ハワイ島北部のワイコロアにあるこの施設は、美しく静かなコハラコーストに囲まれている。

36 ホールのチャンピオンシップゴルフコースにも近く、スライダー付きのプランジプール、静かな雰囲気の大人専用プール、そして子ども用の砂地プールを備え、大人からキッズまで楽しめる。

リゾート内に設置されたバーベキューグリルは、アウトドアバーベキューに最適。

【スタッフのコメント】

「ゴルフ場を一望できる部屋もあり、ゴルフ好きな方には天国のような場所」

「高層ビルがなく、ハワイ島の山々が一望できる自然豊かなロケーションの中で、何も考えずゆっくりリラックスできる場所。ハワイのマイナスイオンで心身ともにリチャージできる」

「毎年恒例ワイコロア夏のバーベキューを楽しみにしているメンバーの方も多く、テニス、ミニゴルフ、フラレッスン、キッズクラブなどアクティビティが豊富でファミリーでの滞在にも最適」

マウイベイヴィラズ・ヒルトングランドバケーションズクラブ

https://www.hgvc.co.jp/maui/maui-bay-villas/

20年連続で世界のベスト・アイランドに選ばれる魅惑の島、マウイ島。

そのマウイ島の南西海岸のキヘイに 2021年10月に開業したばかりのマウイベイヴィラズ・ヒルトングランドバケーションズクラブは、ラナイ島も見渡せるマアラエア湾を望むオーシャンフロントに登場。

広々とした 1ベッドルームまたは 2ベッドルームのスイートとともにクラブハウス、スライド付きスーパープール、ジャグジー、カバナ、フィットネスセンター、マアラエア湾を見下ろすことができる息を呑むようなサンデッキがオープンしている。

【スタッフのコメント】

「広大な敷地に広がるマウイベイヴィラズはマウイ島の魅力でもある、程よく都会、でもリゾート感を満喫できる立地。一日中リゾートでのんびり、または、足を延ばしてマウイの自然を楽しむこともできる」

「建設当初から環境問題や、ハワイの自然を守る、マラマに取り組んでいる。リゾート内にはハワイネイティブの植物が植えられ、訪れるゲストをアロハで迎えます」

「メンバーの方からもリクエストの多かった待望のマウイ島リゾート」

オーシャンタワー・ヒルトングランドバケーションズクラブ

https://www.hgvc.co.jp/hawaii/ocean-tower-hgvc/

ハワイ島の見渡す限り美しい風景が広がるワコロア・ビーチ・リゾート。

そのなかでもオーシャンタワー・ヒルトングランドバケーションズクラブはビーチフロントに位置し、多彩なアクティビティに夢中になったり、ハワイをモチーフにしたアイテムを随所にレイアウトした心落ち着くインテリアのなかで寛ぎの時間を過ごせる。

まるで我が家にいるような木の温もりを感じるフルキッチンで自炊し、暮らすような滞在を楽しめる。

いまヒルトングランドバケーションズでは、ハワイのオープンパッケージを販売中。

ヒルトングランドバケーションズを購入する前にリゾートを訪れてバケーションオーナーシップについて、詳しく知ってみて。
https://www.hgvc.co.jp/vacation-packages/index_hawaii.php

【スタッフのコメント】

「リゾート内には電車とボートが走る広大なリゾート。レストラン、スパ、プール、イルカと触れ合うアクティビティなど、全てが完結するので、真のリゾートライフを堪能できる」

「部屋からは海、溶岩、ゴルフコースと大自然が楽しめ、ラナイでゆっくりと寛ぐ時間も格別」

「ビーチフロントなので美しいサンセットや日の出が楽しめ、朝、夕方等ゆっくりお散歩もおすすめ。車が通らないので小さい子ども供も安心して遊べる」

ザ・グランドアイランダー・ヒルトングランドバケーションズクラブ

ワイキキとアラモアナの間にあるベストビーチに輝いたワイキキの海岸線を見下ろすようにそびえ立つ世界的に有名なヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート内に立地。

贅沢な自宅仕様の快適さに加え、高級ホテルの豪華な雰囲気とアメニティなど、ハワイの伝統とモダンを融合したタイムシェア・リゾートになっている。

【スタッフのコメント】

「毎年戻ってくる方も多く、何もしない贅沢を満喫出来るリゾート」

「贅沢な雰囲気の中でローカルのようにハワイを楽しめる。現地で仲良くなったお友達とホームパーティーを行うメンバーの方も多くいます」

「近くにショップやレストランが豊富で、テイクアウトをしてお部屋のダイニングで景色を堪能しながらのディナーはもちろん、近所のスーパーで購入した新鮮なハワイの食材で料理を振る舞うことも可能。リーズナブルにハワイを楽しめる」

ザ・モダン・ヒルトンバケーションクラブ

ワイキキとアラモアナの間という絶好のロケーションに位置する人気のリゾート、モダン・ホノルルが、ザ・モダン・ヒルトンバケーションクラブとして新たに生まれ変わった。

モダン&コンテンポラリーなインテリアデザインで、光あふれる空間、カスタム家具、個性的なアートワークが特徴。

部屋からはオーシャンビュー、シティビュー、プールビュー、ハーバービューのいずれかを楽しむことができ、一部を除きプライベートテラスがついている。

ワイキキビーチを散歩したり、近くのアラモアナセンターでワールドクラスのショッピングを楽しんでみて。

―――ヒルトングランドバケーションズは、バケーションオーナーシップ(タイムシェア)の業界のリーディングカンパニーとして知られている。

フロリダ州オーランドを本拠とし、第一級の行楽地におけるバケーション・オーナーシップ・リゾートの企画・開発・販売・運営を行うと共に、ヒルトングランドバケーションズクラブおよびヒルトンクラブを運営。

現在52万5,000組を越えるクラブメンバーに、厳選された質の高いリゾート交換プログラム、観光旅行、予約サービスを提供中。

日本では、ヒルトン・リゾーツ・マーケティング・コーポレーションが事業を運営。詳細は、公式サイトをチェックしてみて。
http://www.hgvc.co.jp/

Hawaii Tourism Authority (HTA)
Tor Johnson

画像提供:ヒルトングランドバケーションズ

【関連リンク】