改札口の模様替えイメージ(画像:東武鉄道)

東武鉄道は2024年6月15日(土)から、東武宇都宮線「野州大塚駅」の駅舎をいちごカラーに模様替えし、「いちご研究所前」の副駅名称を設定します。

野州大塚駅はいちごの総合的な研究拠点であるいちご研究所(栃木県農業総合研究センター)の最寄り駅。模様替えでは駅舎の外観や改札口エリア、待合室を赤とピンクに彩り、新たな「いちごスポット」とします。

6月15日は同駅でお披露目セレモニーが行われるほか、いちごなどを販売する農産物マルシェを開催。さらに東武宇都宮線全線を無料で乗車できる「東武宇都宮線フリー乗車DAY」などを実施します。

ADVERTISEMENT

同社はこれまで、栃木県誕生150周年記念で東武宇都宮線に「いちご王国ライン」の愛称を設定、「いちごスペーシア」や20400型「ベリーハッピートレイン」を運行するなど、いちご王国・栃木をPRしてきました。

【関連リンク】