初の「北陸発 仙台行き」金沢~仙台間直通新幹線、10月に運転

2017.07.15

JR西日本金沢支社とJR東日本北陸営業センターは、金沢発着・仙台行き団体用直通新幹線を10月23・25日に運転します。「北陸エリア発、東北周遊向け商品」で、北陸新幹線と東北新幹線を、大宮乗り換えなしで結ぶ列車です。

10月23日は、金沢を08時06分に出発し、新高岡、富山、黒部宇奈月温泉、と停車。仙台に12時11分に到着。

返しの10月25日は、仙台を13時51分に出発し、行きと同様の途中駅にとまり、金沢に17時40分に到着します。

両列車ともE7系を使用。団体専用のため、乗車は旅行会社5社11商品(募集人員約800名)から選択。「今後、追加となる場合あり」とも伝えています。

今回、同列車を使った商品は、ジェイティービーがフリープラン、日本旅行が添乗員同行プラン・フリープラン、阪急交通社が添乗員同行プラン、読売旅行が添乗員同行プラン、タビックスジャパンが添乗員同行プランを計画しています。

日本海側から太平洋側へ、北陸新幹線と東北新幹線でジグザグと。新幹線で秋の東北旅を楽しんで。


LINEで送る

オススメ記事