パンタおろすEF210やEF65_静かすぎでなにも起きない千葉機関区【写真】

2018.12.20

しーーーーん。EF210やEF65といった電気機関車が、パンタグラフをおろしてよせあいながら沈黙つらぬいてる。怖いぐらい。

なにも起きない千葉機関区。千葉・蘇我。写真9枚。

(↑↑↑千葉県蘇我市と記してました。愛知県在住のためか誤記、失礼しました。罰金刑・懲役刑に処せられました)

きょう、川崎重工業が機関車製造5000両を超えて兵庫で記念式典が行われたことを伝えた。

<川崎重工業、機関車製造 5000両超えを達成 _その5000両目はあの電気機関車>

川崎重工業公式発表には、黄色い帯のEF210が式典に同席してた。

5000両目のEF210は、セノハチ越え(山陽線 瀬野〜八本松)用の300番台だったのね。

で、気になるのは、このクルマたちはどう運用してるのかってこと。

Wikipediaにもない。この先の蘇我駅で、京葉臨海鉄道の線路と結ばれてて、貨物列車の受け渡しが行われてるから、それ用?

それにしても、仕事あまりなさそう。千葉を行く貨物列車も減ってんのかなー。

TAGS JR東日本 JR貨物 川崎重工 EF65 カメラ 電気機関車


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです