209系顔の交直両用E501系、水戸線から完全離脱きまる

2018.12.25

1995年に登場し、JR常磐線の直流・交流区間などで活躍したE501系。

この交直両用通勤形4ドア電車が、水戸線から完全離脱する。

<2019年ダイヤ改正 関連記事>

水戸線 小山~友部 を走る車両は、5両編成のE501系とE531系の2車種が走っていた。

来春から水戸線は、すべての車種をE531系5両編成に統一する。

E501系は、常磐線取手以北の交流区間での使用を想定し誕生。4ドア通勤形で初めての交直両用電車。

主回路システムは欧州システムを採用し、交流・直流の切り替えを自動で行うシステムを初導入した。

このE501系が登場してから10年。2005年に登場した交直両用4ドア車がE531系。このE531系に押し出されるように、上野発着の常磐線から離脱。

E501系は現在、おもに常磐線 土浦以北で活躍している。

TAGS ダイヤ改正 JR東日本 209系


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです