どうりで新しい【私鉄に乗ろう87】番外・花輪線 その2(6)

2019.07.10

一瞬、ぼ〜っとしたら眼の前に駅がありました。

平館駅から1.3kmと近いというコトもありますが、北森駅です。ホームも跨線橋も新しそーに見えます。

駅名標。1961年(昭和36年)に旧国鉄花輪線の駅として開業しています。2015年(平成27年)に駅舎を500m平館駅寄りの、八幡平市の新市庁舎に隣接する現在地に移転、新駅舎が開業。どうりで新しいワケですね。

ちなみに八幡平市は、2005年(平成17年)に岩手郡西根町、松尾村、安代町が合併してできました。現在の北森駅(八幡平市の市庁舎)は元の松尾村の中心部に近いそうです。駅を中心に半径500mには、93世帯276人が住んでいます。

旧北森駅の痕跡を探しましたが分かりません。

2.8kmで松尾八幡平駅。島式ホーム1面2線。

駅名標。1926年(昭和元年)旧国鉄の岩手松尾駅として開業。1988年(昭和63年)JR東日本に替わった翌年松尾八幡平駅に改称。

古い木造駅舎がありましたが、今は簡素な待合室だけです。駅を中心にした半径500mに、69世帯194人が暮らしています。

何処のトンネルか、地図では確認できませんでした。腰森トンネルと名前は分かっています。

一部に陽が射して奇妙な風景。駅です。

7.2kmと花輪線2番目の駅間で安比高原駅。

雪が深くなってきました。【私鉄に乗ろう87】花輪線 その3(7) に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS JR東日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです