スイッチ・バック駅です【私鉄に乗ろう87】番外・花輪線 その9(13)

2019.07.17

※2016年11月撮影

7:01発の大館行が来ました。

デジカメでは分かり難いのですが、まだ暗いです。

4.7kmで柴平駅。学生さんが待っています。

ホーム。ご覧のよーに駅名標が遠い・・・。駅を中心にした半径500mには、79世帯254人がお住まいです。

3.3kmで十和田南駅。スイッチ・バック駅です。元々は、この先を8kmほど北上した小坂地区まで延伸される予定でこの様な線形になったのです。小坂には、芝居小屋の康楽館とともに国の重要文化財に指定されている小坂鉱山事務所があります。ルネサンス様式の大きな建物で魅力的ですよ。

既に鹿角花輪方面の列車が入線しています。学生さんが待っています。

この木造駅舎が良いんです。10年程前は駅そばがありました。十和田南駅を中心にした半径500mには、190世帯573人が住んでいます。

鹿角花輪方面はドアが閉まって先に出発します。大館方面はようやく運転士さんがこちら側に移動して運転の準備をしています。

十和田南まで後方だったので、前面展望は水滴が付いています。

4.5kmで末広駅。

朝の通学列車は大館に向かいます。【私鉄に乗ろう87】花輪線 その10(14) に続きます。

(写真・記事/住田至朗)

TAGS JR東日本


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです