国土交通省、日本版MaaSの展開に向けて先行モデル事業を19事業選定

2019.06.18

国土交通省は6月18日、「新モビリティサービス推進事業」について、先行モデル事業を19事業選定したと発表しました。

【関連記事】

「Izuko」が2万DL達成、日本初「観光型MaaS」実証実験継続中

小田急電鉄のデータ基盤 MaaS Japan にJR九州や日本航空、JapanTaxi などが連携

国土交通省は4月18日~5月29日に、全国各地のMaaS等新たなモビリティサービスの実証実験を支援し、地域の交通課題解決に向けたモデル構築を推進するため「新モビリティサービス推進事業」の公募を行いました。

公募51事業について、国土交通省は(1)大都市近郊型・地方都市型(2)地方郊外・過疎地型(3)観光地型の各地域類型ごとに評価し、全国の牽引役となる先駆的な取組を行うモデル事業として19事業の実証実験について支援を行います。

また、応募した団体のうち、日本版MaaSの実現に向け、官民連携で活動を推進する意欲がある団体については、経済産業省と連携したスマートモビリティチャレンジ推進事業における情報共有・助言などを通し、取組の実現に向けて支援をしていくとのことです。

TAGS テクノロジー


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです