総排気量700g ツイン豚とんかつターボ搭載「とんかつすた丼」7/29 国内販売開始

2019.07.25

猛暑、酷暑、すた丼でしょ! メシ喰って大汗かくならすた丼で暑!

ってことでことしの夏は、すた丼をかっこむスピードもパワーも倍増させるターボが搭載されるぞ!

すた丼に載るのは、「とんかつ」というターボ。総排気量はなんと、700グラム。

とんかつターボ搭載モデルの名は、日本名「豪快がぶりとんかつ合盛りすた丼」。

米英名「Garlic soy souce tonkatsu & sutadon deluxe combo bowl」。中国名「猪排炒肉豪爽双耕蓋飯」。

国内価格は830円。

ツイン豚 V12エンジン で新たな境地へ

これまですた丼屋では、鶏+豚、鶏+牛 というセッティングのハイパワー系メニューをラインナップしてきたけど、今回は豚+豚。ツイン豚エンジンってわけ。

そのスペックはこう。茶碗約3杯分もの大盛りごはんに「すた丼並」と同量のすた丼の豚バラ肉。そこに山盛りの千切りキャベツをドサッと。さらにその上に、100gのロースとんかつがドーン。

その斜度、45度。すた丼のV12エンジンやーっ!

しかも、ロースカツはあえて切らない。がぶっとかぶりつけ!ってこと。

気になる褐色のソースは、にんにくが効いた醤油ベースのキレのあるソースに、山椒も入ってスパイシーでパンチがガツン! 

―――ハイパワー系最新モデルで、新たな境地へ。

総排気量700g ツイン豚とんかつターボ搭載 とんかつすた丼 は、7月29日から国内販売開始。

ちなみに、下の写真の欠席者は、新たなメニューを求めて中国に出張中の男性開発者と、新規出店現場で指導中の営業戦略担当女性。

こちらの記事もオススメです