北海道新幹線オプション券も JR「秋の乗り放題パス」を10/1から発売

2019.08.29

写真出典:Pixta

10月14日の「鉄道の日」にあわせ、JRグループは今年も「秋の乗り放題パス」「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」を発売します。今年は消費税率改定にあわせて価格が変更されています。

【関連記事】
青春18きっぷが1万2千円台に、消費税10%にあわせて
https://tetsudo-ch.com/9636947.html
JR北海道 10月もスーパーとかち、スーパーおおぞらに「お先にトクだ値」を設定 乗車券+特急券がおよそ半額に
https://tetsudo-ch.com/9663367.html

秋の乗り放題パス

日本全国のJR線普通・快速列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーが、連続する3日、自由に乗り降りできます。

発売期間:2019年10月1日(火)~10月25日(金)
利用期間:2019年10月12日(土)~10月27日(日)

価格は大人7,850円、子供3,920円(予定)。消費税率改定にともない大人140円、子供70円の値上げになります。全国のJR主要駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社にて発売します。

秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券

北海道新幹線と道南のローカル線「道南いさりび鉄道」に乗車できます。

使い方はちょっと特殊。こちらのオプション券は1枚で1人片道1回、乗車日当日限り利用可能です。具体的には北海道新幹線「奥津軽いまべつ~木古内」間の普通車の空席および道南いさりび鉄道線「木古内~五稜郭」間の普通列車が1枚につき片道1回のみ利用出来ます。(北海道新幹線と道南いさりび鉄道線との利用行程が連続している必要があります)北海道新幹線奥津軽いまべつ駅とJR在来線の乗換駅は津軽線津軽二股駅。

道南いさりび鉄道線の各駅で下車した場合は道南いさりび鉄道線乗車全区間の運賃が必要です(ただし木古内、五稜郭では下車可能)。また、北海道新幹線奥津軽いまべつ~木古内間以外の区間にまたがって新幹線に乗車する場合は、新幹線乗車全区間の運賃および料金が別に必要です。

利用期間は「秋の乗り放題パス」と同じですが、発売期間は利用期間最終日までとなります。

発売期間:2019年10月1日(火)~10月27日(日)
利用期間:2019年10月12日(土)~10月27日(日)

価格は大人2,490円、子供1,240円。単体では利用出来ず、有効な「秋の乗り放題パス」が必要になることに注意してください。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです