つくばエクスプレス新型車両 TX‐3000系 陸送と甲種輸送のシーンを動画公開

2019.11.07

つくばエクスプレスの新型車両 TX‐3000系 が、製造元の日立製作所 笠戸工場(山口県下松市)からつくばエクスプレス線最寄りの越谷貨物ターミナル(埼玉県越谷市)まで陸送・甲種輸送されるドキュメント動画が、公式ページに公開された。

9分24秒のYouTube動画「TX‐3000系 ~輸送編~ ロングver」では、日立製作所 笠戸工場内での非常用扉検査、前灯検査、運転台検査、ATC・ATO検査、ドア開閉試験、床下機器検査、輪重測定、曲線通過試験、防水試験、走行試験などが映る。

後半は、山陽線 下松駅からの甲種輸送シーン映像。笠戸工場から出場し、EF210形電気機関車107号機に引かれて山陽線を東へ。ブルートレインの撮影名所のひとつ、金谷~菊川のカーブをEF66形電気機関車がけん引する姿も映る。

越谷貨物ターミナルに到着したTX‐3000系は、そこからトラックに載せ替えられ、夜の埼玉県内・茨城県内を陸送。つくばエクスプレス総合基地でトラックから降ろされ、台車とボディを再び結合。試運転を始めるシーンで映像は終わる。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです