超軽いし充電落ちタップ落ちなしでサクサク動く! スマホゲーマーが注目するシャープAQUOS zero2 をeスポーツフェス「RAGE」で体感

2019.12.25

「超軽いし、タップ落ちしないし、充電落ちもない!」

そんなスマホゲーマーの声が聞こえてきたのは、国内最大級eスポーツイベント RAGE(レイジ)のSHARP(シャープ)ブース。

ことし11月23日に開催された RAGE 2019 Winter powered by SHARP でシャープは、そのイベント名のとおり、RAGE史上初のトップスポンサーとしてサポート。

シャープブースでは、2019年秋冬最新モデルSHARP AQUOS zero2 などの実機を展示したほか、「Shadowverse」4人フライト式トーナメント Supported by SHARP では、最新モデル SHARP AQUOS R3 を使用した来場者参加型ブースも登場。いまキテるスマゲーで最新スマホの実力を試すという絶好の機会を用意した。

そこで聞こえてきたのは、「いま持ってる自分のスマホだと、たとえば3回タップしたはずが、実際のゲーム内では2回しかタップしていないことになってて、その間に攻撃を受けてしまうときがある」「充電しながらスマゲーやると電池の減りがすげえ早い」といった声。

こうした声に応えて新たに開発されたモデルが、シャープのゲーム系フラッグシップモデル AQUOS zero2 。その進化は……。

超軽量、高速レスポンス、なめらか表示

具体的にこの AQUOS zero2 がどれだけすごいのか。RAGE 2019 Winter powered by SHARP のシャープブースで、同社 商品開発部の篠宮大樹氏に聞いた。

「まず手にとって最初に感じるのは、その軽さ。ノートパソコンの軽量化などでトレンドのマグネシウムフレームを採用し、強度を維持しながらさらに軽量化でき、基盤を25%小型化するなどで、141グラムという軽さを実現」

「世界最軽量を更新したこの AQUOS zero2 で両手でもって長時間プレイしても疲れにくいというのがユーザに支持されている」

軽さだけじゃない。なめらかさもすごいという。

「従来のスマホは通常60Hz、1秒間に60フレームが動いている。そこを AQUOS zero2 は倍の120Hz 秒間120フレームで動かすことで、なめらかな映像を実現させた」

「さらに網膜残像を軽減する黒画面を挿入することで、秒間240フレーム 240Hzを実現。従来モデルの4倍のフレーム表示でなめらかさが実感できる」

さらに、スマホゲーマーを納得させる進化が、これ↓↓↓

高速スキャン搭載、タッチパネルも4倍速で正確に反応

「スマホゲーマーのなかでタップ落ちなどといわれるタッチ遅延は、タップ(タッチ)検出、内部処理・演算、画面更新という一連のサイクルのなかで遅れが出てくる現象」

「この AQUOS zero2 は、この一連のサイクルで発生する周期遅延・処理遅延・応答遅延を大幅に改善。タッチパネルも4倍速化し、タッチと表示で発生する遅延を80%短縮させた」

たとえばギリギリの勝負を分けるタイミングで、AQUOS zero2 の4倍速表示・4倍速タッチ検出のすごさを実感できる。

さらにさらに、 AQUOS zero2 には充電中のスマホ使用時の発熱を低減させるパラレル充電機能を搭載。「充電時に発生する熱を2系統に分割して発熱を低減させている」という。このあたりもスマホゲーマーにはうれしいポイント。

―――AQUOS 史上初、Android 10搭載のゲーム系フラッグシップモデル AQUOS zero2 は、スマホゲーマーにどう受け入れられるか。

シャープは、同社が持つ独自機能の開発を加速させ、スマホゲーム・eスポーツに特化したこうしたモデルをさらに拡充していくという。

そして、次回「RAGE Shadowverse 2020 Spring」の予選大会エントリーもスタート。次回エントリー募集人数は過去最大1万人。参加賞に「レッドエーテル1万個、プレミアムオーブ1個も用意されるとか!

RAGEの最新動向などは、公式ホームページや公式Twitter(@esports_RAGE)を、チェック!

tokyochips編集部

こちらの記事もオススメです