国内トップ自生地、長崎「五島の椿」100%の 石けん&オイル が新発売! 吉永小百合が新CMで出演中

2020.02.29

古来から「薮椿」と呼ばれ、推定1000万本もの椿が自生する、長崎県の西に浮かぶ五島列島。

この五島の椿に秘めたパワーに、豊田通商や住友林業、MTG、五島の椿、長崎大学、長崎県立大学、長崎県、五島市などが着目し、産学官民が連携してつくりだしたプロダクトの第一弾が、「五島の椿・椿酵母せっけん」「五島の椿・椿酵母オイル(フェイス)」。

都内で2月に開催した「五島の椿プロジェクト発表会」 では、この商品の説明のほか、長崎県 五島列島に自生する椿を核とした産学官民連携・地域活性事業「五島の椿プロジェクト」の概要発表が行われ、同CMに出演する吉永小百合をはじめ、五島列島 福江島 出身で、MTG 代表取締役社長の松下剛(松下財団 代表理事)、長崎県 中村法道 知事、五島市 野口市太郎 市長、染織家 志村洋子氏、新上五島町 江川悦生 町長、五島の椿 谷川富隆 専務らが登壇。

まず、「五島の椿・椿酵母せっけん」「五島の椿・椿酵母オイル(フェイス)」の特長は、五島の椿がもつ2つの独自成分「椿葉クチクラ」「椿酵母エキス」という、五島の椿から抽出した自然由来の成分が配合されている点。

<関連記事>
吉永小百合が「五島の椿」新CM出演
「長崎 五島の力になれれば」
松下剛 MTG 代表らの産学官民連携事業に賛同
https://tetsudo-ch.com/10124050.html

従来の椿油と違う、椿葉クチクラや椿果皮を配合

「五島の椿・椿酵母せっけん」は、世界初「椿葉クチクラ」(ツバキ葉ロウ)や椿果皮による自然スクラブを配合した石けんで、つるんとした潤いや高密度泡が、まさに未体験レベル。

また、「五島の椿・椿酵母オイル(フェイス)」は、保湿力の高い椿油に、石けんと同じく「椿葉クチクラ」(ツバキ葉ロウ)を配合することで、保湿力は従来の椿油よりも30%もアップ。「乾燥しがちな肌も驚くほど潤い、つややかな椿肌へと導く」という。

<五島の椿>
https://gotonotsubaki-pj.or.jp/

「五島の椿」プロジェクトに吉永小百合も賛同、ブランド動画に出演

この産学官民連携「五島の椿プロジェクト」をけん引する松下財団の松下剛代表理事は、「五島の宝」といわれる椿を核とした新商品群の“伝道師”は「吉永小百合さんしかいない」と思い続け、熱い気持ちを吉永小百合に伝えたところ、吉永自身の五島時間を思い返しながら、「五島の力になれれば」と賛同。

こうして椿サポーター吉永小百合が誕生し、↑↑↑のようなブランドムービーが完成。この動画を30秒・60秒にまとめた新CMが、関東・関西・名古屋・福岡・札幌・長崎の6エリアでオンエアされている。

「初めて五島を訪れたとき、波止場で船を見送る地元の人たちの姿をみて、胸が切なくなる気持ちでした。この五島で、たくさんの人たちが生き生きと暮らせるようになれば、素敵だなと思いました」

「美しい空気や景色、人間が生きる地の原点ともいえる五島の力になれればと思います」(吉永小百合)

吉永小百合が椿で染めた着物で登場「幸せです」

都内で2月に開催した「五島の椿プロジェクト発表会」 では、吉永小百合が新CMで着用した着物で登場。

この着物、実は五島の椿で染められたもの。制作は、重要無形文化財保持者(人間国宝)の染織家・志村ふくみ氏を母に持つ染織家・志村洋子氏が、親子で担当した。

吉永小百合は「五島の椿で染めた着物はどのような色になるのかなと楽しみでした。椿がこんなにやさしいピンク色をつくるとは思いませんでした。これまで椿の染めた着物なんて、なかったんじゃないかなと思います」と笑みを浮かべる。

また、志村洋子氏は「椿で染めるのは初めてでした。椿の枝と幹で染めていくのですが、こんなに美しい色をつくる力を秘めていたとは思いませんでした。工房でもみんながびっくりしました」と振り返った。

「五島の椿プロジェクト」第二弾プロダクトも

「五島の椿プロジェクト」認定商品 第一弾、「五島の椿・椿酵母せっけん」「五島の椿・椿酵母オイル(フェイス)」のあとに続く、第二弾・第三弾プロダクトの開発もすすむ。

「いままで捨てていた椿の果皮や枝、根など、すべてを原料にし、あらゆる商品を産官学民で開発。地域創生に貢献したい」と、五島の椿にかける松下代表(写真左)は、こう続ける。

「すばらしい成分を発見し、新たな酵母も発見した。まだまだ椿は奥が深い。ここ五島でさらに研究していけば、可能性はまだまだあると確信している」

「今後、第二弾、第三弾と、賛同いただけるパートナー企業を増やし、産官学民が連携を取りながら、五島の持続可能な産業と雇用を創出していきたい」(松下代表)

―――五島の椿プロジェクトは現在、福助や伊藤園、帝国ホテル、金沢鮮魚などが共同開発企業となり、新たな「五島の椿」プロダクトを開発中という。

photos and text:tokyochips

こちらの記事もオススメです