山田線の無人駅 川内駅が新駅舎に、面積8m2と小型化し12月供用開始

2020.08.29

岩手県宮古市川内。

1933年(昭和8)年に開業し、2018年に無人化した駅―――山田線 川内駅。

この川内駅(かわうちえき)の旧駅舎を解体し、建築面積8平米という小型の新駅舎を置く。

新駅舎のコンセプトは「「川内駅と組子の調和」。建築面積8平米の木造平屋建で、待合室や倉庫などを置く。

また林業が盛んな地域の特色を組子細工で表現し、窓の装飾として採用する。

工事期間は9月中旬~2021年2月下旬。ことし12月中旬に供用開始する。

川内駅の一日平均乗車人員は8人(2017年度)。列車本数は上り5本、下り4本。
  
  
  
  

鉄道チャンネルyoutubeは動画コンテンツを、平日毎日更新中!

水曜日18時は、LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」を同時生配信!

ぜひチャンネル登録を!

◆鉄道チャンネル公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg

◆LINE LIVE「しゃべ鉄気分!」
https://live.line.me/channels/576

◆鉄道チャンネル公式YouTube「しゃべ鉄気分!」
https://www.youtube.com/watch?v=SqnggNAKNcQ&feature=youtu.be

◆鉄道チャンネル/tokyochips サブアカTwitterは 記事配信のほか グルメや街ネタ ガジェット 試してみた系いろいろ投稿中!
https://twitter.com/tetsudo546


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです