新幹線の上に橋上駅舎、ゆりかもめとモノレールがデッキでつながる浜松町駅

2021.04.14

東海道新幹線の上に、太い鉄骨で組まれた構造物が出現し始めた、浜松町駅。

昭和の建造物を想わせる、現在の低い天井に囲まれた改札口や旧高架橋時代の赤レンガ壁も、思い出になる日がくる。

浜松町駅北口ではいま、「(仮称)浜松町駅北口東西自由通路・北口橋上駅舎整備」なる工事がすすんでいる。

上の画像は2021年4月13日。浜松町駅と旧芝離宮の間のスペースに巨大な鉄骨構造物が出現している。地上3階建ての新駅舎にむけた基礎工事だ。

このスペースはもともと東海道線支線の線路があった場所。この線路上に貨物駅があった。

また、寝台客車と自動車積載用貨車をつないでクルマと旅客をいっしょに運んだ「カートレイン」(東京~九州)なる名物列車はここを発着していた。

浜松町駅新駅舎の工事完了予定は「2028年10月31日」と現場に記されている。建築主・設計者はJR東日本、施工者は鉄建建設。新駅舎が完成すると、東西自由通路で竹芝まで2階部分を行く歩行者デッキで結ばれる。

◆新幹線が接する田町駅、羽田空港アクセス線の電車が顔を出す地
https://tetsudo-ch.com/11366724.html

◆京王線 高架化工事、下高井戸駅前市場前の踏切から想う
https://tetsudo-ch.com/11354615.html

◆山手線の上を行く東横線トラス橋、引き出し工法で解体した跡地
https://tetsudo-ch.com/11351359.html

◆新宿貨物駅 跡地のいま、小田急地下ホームや西武新宿駅ビルが建設中のころ_新宿1974
https://tetsudo-ch.com/11264445.html

◆JR京葉線 幕張新駅 建設工事、コンクリート基礎やエレベータ骨格がみえてきた
https://tetsudo-ch.com/11145760.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです