高輪築堤の調査・保存方針まとまる 一部は高輪ゲートウェイ駅前広場への移築検討 JR東日本

2021.04.21

公園隣接部の現地保存のイメージ

JR東日本は2021年4月21日、「高輪築堤」の調査・保存方針を発表した。

品川開発プロジェクトエリア内から出土した高輪築堤は、当時の錦絵に描かれた風景がそのまま残されており、日本の近代化土木遺産を象徴する遺跡として重要な位置を占める。

調査・保存のあり方については、考古学・鉄道史などの有識者で構成された高輪築堤調査・保存等検討委員会において2020年9月から7回にわたり議論・検討が重ねられ、次のようにまとまった。

・橋梁部を含む約80メートル(3街区)を現地保存とする。
・残存状況が良好である公園隣接部約40メートル(2街区)を現地保存とする。
・信号機土台部を含む約30メートル(4街区)を移築保存とする。
・記録保存箇所については、詳細かつ慎重な調査を行う。

公園隣接部については文化の発信拠点である文化創造施設と一体的に公開し、築堤を身近に感じられるようにする。信号機土台分を含む約30メートル(4街区)の移築先は、高輪ゲートウェイ駅前の国道15号沿いの広場を基本に検討・関係者との調整を進めるという。

記録保存調査範囲については、港区教育委員会と連携し、考古学・鉄道史・土木史などの諸分野の知見に基づいた調査を進める。築堤から取り外した石や杭を計測・記録するほか、築堤内部の土層の状況も調査・記録の対象となる。

鉄道チャンネル編集部
(画像:JR東日本)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです