京成電気軌道 初代社長の邸宅もあった市川真間、母の日にあわせ市川ママに

2021.04.23

5月9日の「母の日」にあわせ、4月29日~5月10日の間、駅名を市川ママ駅に変える市川真間駅。

市川真間駅の歴史は古く、開業は1914(大正3)年。京成電鉄のルーツ、京成電気軌道の初代社長 本多貞次郎の邸宅もここ市川真間にあった。

京成線の市川真間駅の400メートル南に、JR総武線の快速がとまる市川駅がある。

JR市川駅の南側は碁盤の目のようにきれいに区画された土地がひろがり、駅前には高層マンションが立ち並ぶ。

これとは対象的に、市川真間駅の北側は不ぞろいの狭い道がくねくねとのび、そこに戸建住宅が並んでいる。

この市川真間駅周辺は、大正時代に付近の黒松自然林を活かした邸宅街が開発された区域で、いまも千葉で有数の邸宅エリアとして知られている。

◆京成や京急の電車屋根上にある枠型IRアンテナが消える!?
https://tetsudo-ch.com/11385614.html
◆銀行→電鉄系遊園地→市役所→自動車販社、3度の移設をたどった桃山式純和風2階建て建造物
https://tetsudo-ch.com/11274439.html
◆イトーヨーカドー津田沼店前にある大日本帝国陸軍 蒸気機関車
https://tetsudo-ch.com/11192685.html
◆京成初オールステンレス車 3600形、東急で生まれ東武の地で解体
https://tetsudo-ch.com/11149419.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです