鞍馬線不通区間、9月中に運転再開の見通し 叡山電鉄

2021.07.08

叡山電鉄は2021年7月8日、鞍馬線市原―鞍馬間について京都府と復旧工程の検討を進めた結果、「今後、降雨や台風等が起因となる工事支障が発生することなく、順調に工事が進んだ場合、2021年9月中に運転を再開する見通し」となったことを発表した。

同区間は2020年7月の集中豪雨により被災。鞍馬線貴船口駅付近で土砂崩れ等が発生し、今なお運転見合わせが続く。鉄道施設の復旧に当たるのは叡山電鉄で、京都府は治山事業を担う。

鉄道チャンネル編集部
(画像:叡山電鉄)

【関連記事】
2021年秋に全線で運転再開 叡電が鞍馬線不通区間の復旧見通しを発表
https://tetsudo-ch.com/11291225.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです