奥出雲おろち号 DE10 1161 が営業運転中にオーバーヒート

2021.08.05

4月から11月下旬までの金・土・日・祝日、木次線 木次~備後落合を1日1往復する全車指定席の普通列車「奥出雲おろち号」。

そのけん引機である青いDE10形ディーゼル機関車1161号機が、8月4日の「奥出雲おろち号」運行中に故障。途中で営業運転を取りやめて別の同形式ディーゼル機関車 DE10 1058 にひかれて木次へと運ばれた。

画像は別の日、営業運転についているときの DE10 1161 。

故障停車の原因は、酷暑のなかの力行による DE10 1161 のオーバーヒートとみられる。

オーバーヒートは、内燃機関エンジンで発生するトラブルで、エンジンの発熱がその冷却能力を上回り、文字通り異常加熱を起こしている状態。

<鉄道チャンネル 関連記事>

◆真夏の気動車停止、クルマと同じくまず止める警告
https://tetsudo-ch.com/11640571.html

DE10 1161 は、汽車製造 大阪工場で1972年につくられたくるま。米子機関区に配属し、そのまま米子のカマとして50年ちかく走り続け、いまも後藤総合車両所に所属している。

<鉄道チャンネル 関連記事>

◆2021年ヒット予測1位「無人駅」で脚光、夏の青春18きっぷで訪ねたい“島根の無人駅&簡易委託駅”4選
https://tetsudo-ch.com/11631838.html

◆奥出雲おろち号が走る木次線、人気温泉や最新カフェに注目
https://tetsudo-ch.com/11629637.html

◆「奥出雲おろち号」2023年度の運行を最後に引退 今夏の運転計画は?
https://tetsudo-ch.com/11503570.html


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです