大地と向き合う農家の姿を力強く表現した写真とインタビュー、書籍「SHARE THE LOVE 大地を愛する人々」発売

2021.11.26

2011年の東日本大震災の影響で移住を決意した農家の支援から活動を始め、「大地に負担をかけず自然に寄り添う農業をしたい」という農家の志を支えている SHARE THE LOVE for JAPAN。

トゥルースピリットタバコカンパニーが運営するこの SHARE THE LOVE for JAPAN(STL)は、活動10周年を記念し、書籍「SHARE THE LOVE 大地を愛する人々」をトゥーヴァージンズから発売。

同書は、「大地にやさしい農業」を実践するSTLの参加農家57人が、生命力あふれる自然のなかで、大地と向き合う姿を力強く表現した写真の数々と、インタビューからまとめられた、農家ひとり一人の興味深いストーリーで構成。

「この本を通して、より多くの人たちに、個性豊かな農家の生き方に出会い、これほどまでに多様な人たちを惹きつける農の懐の深さを知ってほしい」――そんな思いから誕生した1冊という。

また、頻発する自然災害や、コロナ禍に見舞われた閉塞感の中で、既存の大量消費社会の価値観を超えて、真の豊かさや幸せを求め、大地とともに生きるようとする農家の姿には、希望のある未来を生きるためのヒントが潜んでいる、とも。書籍概要は下記のとおり。

◆書籍「SHARE THE LOVE 大地を愛する人々」
編・監修:「SHARE THE LOVE for JAPAN」Book制作委員会
写真:公文 健太郎
テキスト:小倉 崇、宮本 遼子(UKA)
アートディレクション:三村 漢(niwa no niwa)
発売日:2021年11月9日(火)
定価:本体価格 2,700円(税込 2,970円)
仕様:B5変/並製・オールカラー
ページ:240ページ
ISBN:978-4-910352-08-4

代官山で10周年&出版記念マルシェも開催

また SHARE THE LOVE for JAPAN(STL)では、同書籍の発行を機に、全国の書店・カフェ・雑貨店などで、大地にやさしい農業と、それを実践する農家と知り合うきかっけになるイベントやマルシェなどを企画・展開。

第一弾は書籍の発売を記念し、11月20・21日、代官山蔦屋書店 DAIKANYAMA T-SITE(GARDEN GALLERY)で、10周年&出版記念「SHARE THE LOVE for JAPAN 大地のマルシェ」を開催。

全国から集まったSTL参加農家による、精魂込めてつくった米や野菜・加工品の販売、本書籍の販売会などが行われ、両日ともにぎわったという。

◆SHARE THE LOVE for JAPAN
https://sharethelove.jp/10th/

こちらの記事もオススメです