2022年度、JR三島会社とJR貨物の戦略は ニューノーマル社会に新しいビジネスモデルで挑戦 JR九州は古宮新社長が就任【コラム】

2022.04.23

開業まで半年をきった西九州新幹線。JR九州は開業効果を永続させるため、沿線関係者とともに魅力ある街づくりに努めます(写真:鉄道チャンネル編集部)

2022年度がスタートして、まもなく1カ月。一進一退を繰り返すコロナは今後、第7波がやってくるとの見方もあり、感染拡大防止に手は抜けないところ。一方で、社会は少しずつ元の状態を取り戻しています。コロナで打撃を受けた鉄道業界は復活への動きを加速させ、利用促進キャンペーンのニュースが相次いで発信されるようになりました。

テレワーク、テレビ会議、リモート授業――移動を制約するニューノーマル(新しい常態)社会は、鉄道にとって一見マイナスに思えますが、それでも各社は駅にコワーキングスペースを開設するなど、ビジネスモデルの変革に努めます。ここでは全国ベースのメディアに載りにくい、JR北海道、JR四国、JR九州、JR貨物のJRグループ4社の事業計画などから、鉄道ファンの皆さまに関心を持っていただけそうな話題をピックアップ。今後を展望してみます。

新しい経営トップ・古宮新社長が就任(JR九州)

JR九州の古宮洋二新社長。社内には、「明るくがんばろう。鉄道の未来をみんなでつくろう」とメッセージを送りました(写真:JR九州)

新しいトップのもとで2022年を始動させたのがJR九州です。JR九州は2022年4月1日、2014年6月から8年間にわたって会社をかじ取りしてきた青柳俊彦社長が代表取締役会長になり、新しい代表取締役社長に古宮洋二取締役・専務執行役員が就任しました。

古宮社長は、1985年に国鉄入社。JR九州では運輸部長、営業部長、鉄道事業本部長などを歴任し、クルーズトレイン本部長として人気D&S(デザイン&ストーリー)列車の〝生みの親〟も務めてきました。

新社長自らが新しい観光列車をアピール

「ふたつ星4047」デザインイメージ(画像:JR九州)

JR九州は2022年4月6日、西九州エリアに投入する新しいD&S列車「ふたつ星4047(よんまるよんなな)」の改造キックオフセレモニーを北九州市の小倉総合車両センターで開催しました。その際も、古宮社長が自ら新しい観光列車をお披露目したそうです。

古宮社長に託されるのは、当然ながらコロナ禍からの会社の立て直し。就任会見では、「会社の陣頭指揮を執り、全社員一丸となって苦境を脱出し、新生・JR九州として成長できるよう力を尽くしたい」(発言はいずれも大意)と抱負を述べました。

JR九州九州最大の話題といえば、2022年9月23日に開業する西九州新幹線。「約半年間のスケジュールを着実にこなしながら、新幹線の開業効果を沿線から西九州エリア、そして九州全体に広げたい」と決意を表明しました。

西九州新幹線開業にあわせて「佐賀・長崎DC」

JR九州のターミナル駅周辺や沿線まちづくりイメージ。代表企業を務める福岡市郊外の複合体験型アウトドア事業のように、JR九州は地域のリーダーとしての役目を期待されます(資料:「JR九州グループ中期経営計画2022―2024」)

古宮社長のもとで新たに船出した、JR九州の針路をあらわすのが、2022年度からむこう3年間の「JR九州グループ中期経営計画2022-2024」です。重点戦略は、「豊かなまちづくりモデルの創造」、「新たな貢献領域での事業展開」の2つ。

JRグループ旅客6社と地元は、西九州新幹線開業にあわせて2022年10~12月、全国規模の観光キャンペーン「佐賀・長崎デスティネーションキャンペーン(佐賀・長崎DC)」を展開します。詳細はこれからですが、DCでは魅力的な列車も運転されるはず。鉄道ファンは今から楽しみに待ちましょう。

次ページニューノーマル時代に対応する「ニュー・レールライフ」(JR北海道)


LINEで送る

オススメ記事