大阪は、ちょっと街から離れた下町に泊まるのも楽しい。

ここは、大阪市住之江区新北島。Osaka Metro 南港ポートタウン線(ニュートラム)平林駅から歩いて5分。H.B.P HOTEL。

翌日、インテックス大阪で仕事があるってことで、ゴールデンウィークまっただなかでどこも満室というなか、滑り込んだ宿。

ADVERTISEMENT

ことしの大型連休はマスク解禁・コロナ明けムードで、どこも人、人、人、人……。とくに梅田やなんばは、いつも行列なんかない店も大行列。

そこでわずかに空室があった H.B.P HOTEL で、初めて体感した「いいね」を。

部屋の目の前をニュートラムが走る、カラフル

ここ H.B.P HOTEL の部屋の窓には、ニュートラムが行き来する姿が目の前に映る。

ここから観えた夕暮れや夜景の話はまたこんどにするとして、チェックインしてすぐにトライしたのが、有料レンタルバイク。

阪堺電車 住吉大社電停の下町風情がこれまたいい

おしゃれなロードバイク Chromoly にまたいで、レッツゴー(古っ)。

さっき乗ったニュートラムの高架下を東と走ると、すぐにボートレース住之江や住之江公園が。

ボートレース住之江や、キャンプ&バーベキューで盛り上がる住之江公園へ急いで、乾杯といきたいところだけど、自転車に乗ってるのであとにすることにして、住吉大社へと Chromoly を走らせる。

山口県下関市 住吉神社、福岡県福岡市 住吉神社と並び、「三大住吉」といわれる住吉大社には、外国人観光客でおおにぎわい。

その非日常と、日常の下町風景が重なる景色も、おもしろい。

ちょうど阪堺電車の住吉大社電停前は、そんな非日常と日常のカオス。普段づかいの電車を待つ地元の人たちと、インバウンドが、いっしょに電車を待つ風景は、ずっとぼーっとながめていられる。

ここから併用軌道になるということで、クルマと電車が平面で共存して走るというシーンも、これまたいい。

住吉大社さんにお参りして、住之江公園やボートレース住之江でのおいしい時間は、またこんど。