JR北海道とJR東日本は2024年夏も「北海道&東日本パス」を発売します。

きっぷの効力は「青春18きっぷ」と似たところがあり、JR2社と一部三セクの普通・快速列車が連続する7日間乗り放題に。エリアこそ限られているものの、関東や一部北陸地方、東北・北海道を数日かけて巡るような旅行を検討されている場合などは、大変おトクに使えるきっぷです。

2024年度夏季「北海道&東日本パス」概要

◆発売期間
2024年6月20日~2024年9月24日

ADVERTISEMENT

◆利用期間
2024年7月1日~2024年9月30日

◆お値段
大人11,330円 小児5,660円

◆有効期間
連続する7日

◆発売箇所
JR北海道・JR東日本の主な駅、指定席券売機、および主な旅行会社

◆きっぷの内容
JR北海道線・JR東日本線・青い森鉄道線・いわて銀河鉄道線・北越急行線の普通・快速列車の普通車自由席、JR東日本のBRT(バス高速輸送システム)が乗降自由。

特例として、奥羽本線 青森~新青森間(※)の普通車自由席、石勝線 新得~新夕張間と室蘭本線 東室蘭~室蘭間の普通車指定席の空席に乗車できます。

※当該区間相互発着の場合に限り、特例として全車指定席の普通・快速列車の普通車の空いている席を利用できます。

新幹線を含む特急列車については、「北海道&東日本パス」とは別に運賃および料金が必要です。ただし北海道新幹線「新函館北斗~新青森」間内の相互発着の場合に限り、特定特急券を購入すれば立席(空いている席)が利用可能です。

乗車日が翌日にまたがる場合は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効。ただし東京近郊の電車特定区間内は終電まで利用できます。

【関連リンク】