小田急と西武が参加

2018.10.31

鉄道会社公式スマートフォンアプリ連携に新たに2社

2016年10月からJR東日本、東京メトロ、東急、京王の4社は各社の公式スマートフォンアプリでアプリ連携を実施して利用者の利便性向上に寄与しています。

10月31日(水)からこのアプリ連携に、小田急、西武の2社が参加します。

《連携する情報》
・列車位置情報:連携するアプリの「列車走行位置」ページを簡単に行き来できます。各社線をお乗り換えの際に、 これから乗る列車の走行位置をチェックしておくと便利です。

・時刻表:スマートフォン上で時刻表が確認できます。各社アプリから、他5社アプリの駅の時刻表ページも簡単に確認できます。

《共同プロモーション》
現在連携している4社のアプリ連携時に作成したロゴマークに、 小田急電鉄、西武鉄道のピースが加わり、さらににぎやかになりました。 駅・車内のポスターやキャンペーンサイトなどにより、6社共同で プロモーションを実施します。

プロモーションサイト

《利用できるOS》
JR東日本アプリ  iOS(iOS 10.0〜   Android OS 4..2〜
東京メトロアプリ  iOS(iOS  9.0〜    Android OS 5.0〜
東急線アプリ   iOS(iOS  8.0〜    Android OS 4..0〜
京王アプリ    iOS(iOS 8.0〜 Android OS 4..4.4〜
小田急アプリ   iOS(iOS 9.0〜11.0 Android OS 4..2〜8.0
西武線アプリ   iOS(iOS 10.0〜 Android OS 4..4〜

《利用法》
利用するアプリを10月31日以降にそれぞれダウンロードしてください。すでに上記アプリを利用している場合は、10月31日以降に最新版にアップデートしてください。
最新版の各社アプリにおいて、他5社のアプリへのリンクボタンが表示されます。

《連携情報の利用イメージ》









これが本来の望ましいスマートフォンアプリの進化方向ですね。


LINEで送る

オススメ記事