JR貨物、名古屋南貨物と北九州貨物ターミナルの間で自動車部品輸送を新設

2018.12.30

JR貨物は、名古屋南貨物駅と北九州貨物ターミナル駅の間を結ぶ自動車部品輸送を2019年3月からはじめる。

大手自動車メーカーのニーズにあわせた新設。往路・復路とも直通輸送力は50個。

東海地区から九州地区へは自動車部品を輸送。

九州地区から東海地区へは自動車部品とその返送積付用品を輸送する。

列車は、往路が名古屋南貨物16:22発、熊本10:34着の列車番号8055~8057。このうち輸送区間は稲沢17:22発、北九州貨物ターミナル5:00着。

復路は熊本17:40発、名古屋南貨物11:57着の列車番号8056。このうち輸送区間は北九州貨物ターミナル22:49発、稲沢10:50着。

稲沢と名古屋南貨物の間は、笠寺を経由し、東海道線と名古屋臨海鉄道線で結ぶ。


LINEで送る

オススメ記事