大阪城公園を眺めながら最高の一杯、VR忍者に利き酒に人気ラーメン「大阪城下町」誕生! かんぱ~いっ!

2019.05.31

眼下に大阪城野球場、丘の上にそびえたつ大阪城天守閣――。

そんな絶好の眺めといっしょに、冷たいビール、利き酒、粋なランチが楽しめる空間が誕生した。

その名も「大阪城下町」。

http://emarche.co.jp/osaka/

「日本のうまいもん・ええもんが集結した新時代の城下町」なるコンセプトのフード&プレイスペースが、大阪城公園の大阪環状線側に出現。

現場は、大阪城公園駅と大阪城ホールを結ぶ動線の中間という好アクセスで、オープン初日から混雑した。

フロア構成は、らーめん小路、忍者茶屋、日本酒・利き酒、和牛鉄板焼といった、ニッポンを代表する味覚と文化で構成。

大阪初上陸の店舗がずらりと並ぶラーメン小路

大阪初上陸の店舗がずらりと並ぶラーメン小路は、焼きあご塩らー麺 たかはし、スパイスラーメン 点と線.、黄金の塩らぁ麺 ドゥエイタリアン、京都ラーメン 天天有、まぜそば 上海まぜそば拌麺888、金ごまラーメン Gold Sesame Ramen すわき後楽中華そば の6店舗が出店。

どれも一回はトライしたいと思わせる演出。もちろん店内は空調が効いてるから、オールシーズンで珠玉の一杯をゆっくりと味わえて、いい。

VR NINJA 弥助

VR NINJA 弥助は、VR技術を駆使し、現実さながらの忍術体験が楽しめちゃうVR体験型施設。

このアトラクションは「訪日外国人むけ」っていうけど、もちろん日本人たちが挑戦しても、興奮するばかり。

ストーリーは、「大阪城下町の治安を守る忍者頭領「弥助」を助けるため、タイムスリップし忍者の世界にダイブ! 魔界からの使者ドウンザを倒し大阪城下町の平和を守れるか?」……という展開。

VR忍者で汗をかいたあとは抹茶と和菓子でほっこりするのはどう?

忍者になりきったスタッフの動きにも注目してみて。

利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU

そして利き酒・和牛ステーキ 和珀 WAHAKU は、トップ画像のように、大阪城野球場と大阪城天守閣を愛でながら、一杯やれる、ステーキをがっつりいけるフロア。

厳選された蔵元から集められた日本酒を利き酒しながら、上質な和牛ステーキの鉄板焼きでほろ酔い気分。

緑に囲まれた大阪野球場ののんびりした雰囲気のむこうに、天守閣。大阪城のすべてに乾杯しながら、「次どこ行こうか」って思う時間もいい。

―――大阪城公園駅からすぐにできた、新しくてなつかしい憩いの場「大阪城下町」。この施設全体を手がけるのは、ITサービス事業や店舗運営事業などで知られるデジサーフ。

プレオープンイベントには、デジサーフ 高橋佳伸代表取締役社長をはじめ、大阪観光局 溝畑宏理事長などが駆けつけ、大阪城公園の新しいスポットの誕生に、絶妙なジェスチャーで、乾杯!

こちらの記事もオススメです