東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅付近 高架化工事、12/21に仮線へ切り替え

2019.10.12

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)とうきょうスカイツリー駅付近0.9kmを高架化し、伊勢崎線第2号踏切(桜橋通り)を解消させる、とうきょうスカイツリー駅付近連続立体交差事業。

12月21日には、21時ごろから翌日初列車までの間に、とうきょうスカイツリー~曳舟の間で、上下線を北側に移設する仮線切り替え工事を実施する。

これで、既存線路よりも北側に移した仮線に電車を走らせ、空いたスペース(既存線路部分)に高架橋を設置するスペースを確保する。

この仮線切り替え工事のため、21時ごろから終列車までの間、東武スカイツリーライン浅草~曳舟(特急列車は浅草駅~北千住駅間)の列車が運休。

半蔵門線直通列車は通常通り運転し、特急列車は北千住駅で折り返し運転に。

また、当日21時から最終列車までは、東京メトロ 銀座線 浅草~上野、日比谷線 上野~北千住、都営 浅草線 浅草~押上、京成 押上線 押上~京成曳舟で振替輸送を実施。バス代行運転も行う。

図版:東武鉄道
写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです