城端線 氷見線はLRTか 直通するか切り離すか、JR西日本が「未来に向けた検討着手」

2020.01.29

北陸線 高岡駅を起点とし、海側へのびる氷見線、山側へと行く城端線。

この城端線と氷見線の今後について、JR西日本が近況と方向性を含め、検討に着手すると伝えた。以下、その全文。

―――西日本旅客鉄道株式会社 (以下、「JR西日本」) は中期経営計画2022に掲げる「安全で持続可能な鉄道・交通サービスの実現」に向けて地域と対話を推進させていただいております。城端線・氷見線につきましても将来のまちづくりに資する線区のLRT化など新しい交通体系の検討を進めていくことについて、沿線4市および富山県にご提案させていただきました。

 沿線4市および県では、現在、地域に利用される交通ネットワークの形成に向け、JR西日本とも連携・協力しながら同線の直通化に向けた検討を行ってきているところです。今回の提案は安全で維持可能な公共交通の実現を通じた富山県西部地域、ひいては富山県全体の発展を目指すものであるとの説明を受け、城端線・氷見線は支線であり、北陸新幹線に伴う並行在来線問題とは切り離して協議するとしたことや、今後も地域とともに鉄道を維持していくために城端線・氷見線のあり方を協議することとされてきたなどの経緯も踏まえつつ、検討に着手することといたしました。

 今後も、安全で維持可能な公共交通の実現を通じ、富山県西部地域、ひいては富山県全体の発展を目指し、将来にわたり地域住民の通勤・通学など日常の生活路線として鉄道を維持していくため、鉄道施設・設備の整備や維持運営の費用に係る課題をはじめ、沿線市の将来的なまちづくりとの整合、利用者の利便性向上、観光振興による活性化などさまざまな観点から、実現方法およびその可能性も含めて議論を進めてまいります。

以上、JR西日本。

写真 文:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事