都営三田線 新型6500形が入ると6300形はどこへ行くか、都営6000形が走る熊本や秩父への可能性は

2020.11.05

都営三田線むけ新型車両6500形8両編成の1本目が近畿車輛から出場し、現行の6300形1・2次車の行方が気になるところ。

現行の6300形が登場した当時、押し出されるように営業運転から離脱した車両が、6000形。

6000形6両編成はすべてのくるまにモータがつくオールM編成(6M)。6300形はその半分をモータなし車にして3M3Tにした。

廃車になった6000形の一部は、東京から熊本電鉄や秩父鉄道に渡り、いまも山間の道を行き来している。インドネシア共和国ジャカルタに渡ったくるまもある。

熊本電鉄6000形は、2両編成5本が九州に渡り、西鉄筑紫車両基地 西鉄産業筑紫工場が更新工事を担い、都営時1500Vを熊本電鉄むけ600Vに落とし、冷房化、ワンマン化などを施した。すべてが日立製作所製。

秩父鉄道5000系は、京王重機整備の手で更新工事を施し、中間車を先頭車化、ワンマン化、秩父鉄道むけ保安・無線装置設置などを経て、3両編成4本が秩父へ。すべてアルナ工機製。

いま熊本は東京だ! 都営とメトロのサイズ違いの電車が行き来する熊本電鉄がおもしろい
https://tetsudo-ch.com/10311960.html
秩父や熊本を走る都営地下鉄6000形は千葉にもいた
https://tetsudo-ch.com/9899647.html

6300形はどこへ行くか、全廃か

そこで気になるのは、こんどは三田線新型6500形に押し出される格好で発生する6300形の廃車体。熊本や秩父に渡る可能性は……!?

6300形は、先頭車両がモータなし(Tc)車両だから、熊本へ先頭車両2両連結で行く場合は、電動車化する手間がいる。

秩父鉄道は、既存の5000系と同じようにモータあり先頭車+モータあり中間車+モータなし先頭車を組む場合は、こちらも1両を先頭車を電動車化するか。6300形の電動中間車を電動先頭車化するか。

または、違う私鉄から呼ばれるか、どこへも行かずに廃車になるか―――妄想はふくらむ。

ちなみに都営地下鉄の形式もいろいろ想像してみるとおもしろい

ちなみに都営地下鉄の形式もいろいろ想像してみるとおもしろい。

浅草線の車両は5000代で続く、三田線は6000代、新宿線は10-のハイフンつき10000代、大江戸線は12-ハイフンつき12000代。

三田線は6号線、新宿線は10号線、大江戸線は12号線という路線計画時についた番号で呼ばれたことから、そこを走る車両形式もなんとなく想像できる。

計画付番と違うのは浅草線。浅草線は1号線。車両は歴代5000代。歴代、5000形、5200形、5300形、そして現行最新モデル5500形と続く。

この5000代を刻むのは、1960年に登場した5000形が営団地下鉄丸ノ内線500形をルーツとするからか―――いろいろ不明なことばかりだけど、いろいろ想像するとおもしろい。

◆鉄道チャンネル公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCEU1PILeEG2tUBHMURn7BBg


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです